iPhone

iphoneのバッテリー交換時にデータが見られることは無い?自分で交換できる?

iphoneには、その所有者のあらゆる情報が入っています。
そのため、バッテリー交換をしたくても、データが見られてしまうのではないかと心配される方は多いでしょう。
そこで今回は、iphoneのバッテリー交換時にデータが見られることは無いのかご紹介します。
また、自分でバッテリー交換はできるのかについてもご紹介します。

iphoneのバッテリー交換時にデータが見られることは無いのか?

□iphoneのバッテリー交換時にデータが見られることは無いのか?

プライベートの塊であるiphoneは、知らない人でも家族でも、データを見せることは躊躇してしまいますよね。
はじめに、バッテリー交換を依頼するお店ごとに、データが見られる可能性があるのかをご紹介します。

iphone修理専門店では、バッテリー交換時にデータは絶対に見られないとは言い難いでしょう。
なぜなら、データは初期化されていないため、見られる状態にあるためです。

キャリアとは、au・docomo・ソフトバンク等の携帯電話サービスを提供する通信事業者のことです。
Apple Storeやキャリアでは、バッテリー交換時にデータは見られないでしょう。
なぜなら、バッテリー交換時にデータを初期化するためです。

□iphoneのデータを見られたくない場合は自分で交換できるのか?

「iphoneのデータは絶対に見られたくない」「初期化は面倒だからしたくない」と考える方は多いでしょう。
そうなると、自分で交換できないのかと思うかもしれません。
しかし、自分でバッテリー交換をするのはハードルが高いでしょう。
なぜなら、一般人がバッテリー交換するには十分な知識が必要であり、場合によっては違法となる可能性があるからです。

まず、使い慣れているものとは言え、iphoneは精密機械です。
そのため、iphoneの構造をよく分からないまま交換すると、失敗する可能性があるでしょう。
例えば、電源が付かなくなったり、バッテリーが熱くなったりすることがあります。

また、「技術基準適合証明」という、電波法に適合していることを示すものがあります。
認定された事業者でなければ、この証明を外さなければなりません。
しかし、この証明無しには、通信機器での電波利用は認められていません。
そのため、自分でバッテリー交換をしてから使用すると、違法行為とみなされる可能性があります。

iphoneのデータを見られたくない場合は自分で交換できるのか?

□まとめ

今回は、iphoneのバッテリー交換時にデータが見られることは無いのか、自分でバッテリー交換はできるのかをご紹介しました。
iphone修理専門店では、修理する方が意図せずとも、データを見てしまう可能性があります。
また、一般人によるバッテリー交換は違法となる可能性があるため、専門事業者に任せるのが得策でしょう。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top