店頭買取

iPhoneやiPadの赤ロム買取について

iPhoneやiPadの赤ロム買取について

残債ありと赤ロムの違い


まず知っておいて頂きたい事は、携帯電話やタブレットの端末機器に関して、残債ありの状態と赤ロムの状態とでは意味が全く違います。当店のお客様からも、「赤ロムでも買い取り出来るの?」とお問合せを頂く事がございますが、実際に端末を確認させて頂くと赤ロムではなく、分割支払い中で残債がある状態であった事が何度かございます。
そこでまずは、赤ロムと残債ありの違いをご説明いたします。

そもそも赤ロムとは何か


赤ロムとは、中古の携帯電話の端末を指す俗称の一種で、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことである。
最近の(3Gなどの)携帯電話端末は、SIMカードによって電話番号情報を管理しているものがある。SIMカードを差すことで通話・通信などのサービスを利用可能とすることができる。しかし、代金不払いによりキャリアから強制的に利用停止にされた端末の場合、キャリアによって端末ごとロックを掛けられてしまい、SIMカードを抜き差ししても利用できない状態になることがある。そのような端末が赤ロムと呼ばれている。
IT用語辞典バイナリより引用


とありますが、最も簡単に見分ける方法は、以下各キャリアの「ネットワーク利用制限確認サイト」にて端末IMEIを入力して頂き、「×」が表示された場合は「赤ロム」であるという事になります。逆に「○」が表示された場合は「白ロム」となります。

※端末IMEIは、iPhone・iPad共に『設定』→『一般』→『情報』から確認する事が出来ます。



残債ありとはどういう状態?


残債ありの状態とは、各キャリアでの契約期間(通常2年)中であり端末代金を分割で支払っている途中の状態という事です。ですので、赤ロムのように3Gや4G回線での通話やネット等が利用出来ないという事ではありません。きちんと分割金の支払いをしていれば、問題なく全ての機能を利用する事が出来ます。
先程の各キャリアの「ネットワーク利用制限確認サイト」に端末IMEIを入力して頂き、「△」が表示された状態がこれに該当します。(ドコモ端末に関しては、残債が残っていても不正契約等ではないという事が分かれば、「△」から「○」に変わります。)
但し、分割金の支払いが滞ってしまったり、不正契約である等が判明した場合は、赤ロムになってしまう事もあります。

アイフォンプラザでは赤ロムでもお買取可能


ネットオークションで落札したiPhoneやiPadが突然使えなくなってしまった・・・このような場合は、端末が赤ロム化している事が考えられます。まずは、各キャリアの「ネットワーク利用制限確認サイト」にてどのような表示になっているか確認をしてみて下さい。
もしも「×」が表示されていればその端末は赤ロムです。赤ロムになったiPhoneは、電話も使えなくなり、インターネットもWi-Fi環境でしか利用出来なくなります。

アイフォンプラザでは、残債ありの端末はもちろんの事、iPhone・iPadであれば、赤ロムであっても減額なしでお買取可能です。

お買取出来ない赤ロムについて


必ずお読み下さい


言うまでもありませんが、赤ロム・白ロムに限らず、不正契約や違法に入手した商品は一切お買取出来ません。又、赤ロム「×判定」を複数台同時にお買取する事も出来かねますのでご了承下さい。
(「○」及び「△」判定の端末は、何台でもお買取可能です。)
URL
TBURL

コメントはこちらへ

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. iPad mini3の16GBの
    赤ロムなのですが
    ネットワーク制限も✖︎に
    なってしまって
    どこの店も買取ができないん
    ですが。売れないですか??
    また、売れるとして何円ぐらいに
    なりますか?
    少しキズはあるんですが
    気にならないほどです。

    • 当店の場合は、赤ロムの状態であってもお買取可能でございます。お買取価格については、傷など、商品状態によって異なりますので、店頭へお持ちいただくか、宅配買取をご利用ください。よろしくお願い致します。

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top