iPhone買取価格

iPhone14買取価格

iPhone14買取相場最新情報


下記のお買取価格は、お買取上限価格となります。商品状態や本体カラー、利用制限の判定結果等によってもお買取価格が異なります。

iPhone14 512GB買取価格



ドコモ
買取価格
新品未開封:120,000円

au
買取価格
新品未開封:120,000円

SoftBank
買取価格
新品未開封:120,000円

SIMフリー
買取価格
新品未開封:120,000円

iPhone14 256GB買取価格



ドコモ
買取価格
新品未開封:105,000円

au
買取価格
新品未開封:105,000円

SoftBank
買取価格
新品未開封:105,000円

SIMフリー
買取価格
新品未開封:105,000円

iPhone14 128GB買取価格



ドコモ
買取価格
新品未開封:97,000円

au
買取価格
新品未開封:97,000円

SoftBank
買取価格
新品未開封:97,000円

SIMフリー
買取価格
新品未開封:97,000円

宅配買取のお申込み


宅配キット申し込み

宅配キットのお申込みをするだけ!
面倒な手続きは一切ありません!

今すぐ宅配キットを申し込む



iPhone14豆知識


iPhone14は2022年9月8日、Appleのイベントで発表され、9月16日に発売された端末です。前年モデルのiPhone13と比較するとマイナーアップデートの要素が強いものの、カメラ機能に対するイメージセンサー大型化、画像処理エンジンの強化はポイントとなります。
同時にiPhone14、iPhone14Plus、iPhone14Pro、iPhone14ProMaxが発表されていますが、その中では最も標準的な機種となります。
また、海外ではほぼiPhone13の初期販売価格と同一価格で発売されていましたが、日本では円安の関係で2万円程度、過去端末の当初発売価格より高い価格で発売されていました。

iPhone14スペック情報


外観的な要素



  • 画面サイズ:6.1インチ 有機EL

  • 端末サイズ:高さ146.7mm 横幅71.5mm 厚み7.80mm

  • 重さ:172g

  • コネクタ:Ligntning

  • カラー:スターライト、ブルー、パープル、ミッドナイト、(PRODUCT)RED


iPhone13と比較すると、高さや横幅は全く同じ、厚さは0.15mmとわずかに増えていますが重さはほぼ同じです。
見た目として新色としてはパープルが追加されています。しかしながら、同一色としても、ブルーは少し色が淡く明るく、REDは明るく、ブラックは僅かに明るくなっている印象があります。是非、気になる方は現物をご覧いただければと思います。

システム的な要素



  • CPU:A15チップ

  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac/ax

  • 通信方式:5G (sub 6)ギガビット級LTE,FDD-LTE,TD-LTE,TD-SCDMA,CDMA EV-DO Rev.A,UMTS,HSPA+,DC-HSDPA,GSM

  • テザリング:対応

  • 指紋認証:非対応

  • Face ID:対応

  • Touch3D:Haptic Touch

  • NFC:対応

  • 背面カメラ:1200万画素 デュアルカメラ(広角、超広角、望遠)

  • 全面カメラ:1200万画素(オートフォーカスあり)

  • 防水・防塵:対応

  • 容量:128GB / 256GB / 512GB

  • Qi:対応 magsafe

  • デュアル eSim :対応


主な進化ポイントはカメラ機能の以下3点です。
インカメラのオートフォーカス対応

インカメラにオートフォーカスが搭載されました。これにより自撮りが格段に簡単になりました。
Photonic Engine対応

従来のDeep Fusionを進化させたものとなります。少し暗い場所での色合い、質感の表現が高まり、最大2倍の品質向上を可能にするとのこと。
アクションモード

動画で用いられる機能です。いわゆる手ブレ補正機能で、動きながらでもなめらかな撮影ができるようになりました。
一つ残念な点としては、メインプロセッサが、A15チップとiPhone13と同一のものに留まっている点です。十分高性能なチップとは言え、iPhone13との差別化は少ないモデルといえます。

発売時に斬新だった機能


iPhone13と比較すると、マイナーアップデート端末になりました。
ただし、カメラ機能は確実に進化をしており、“少し暗い場所“ や ”インカメラ“ など一般的にスマホカメラが苦手としている点が強化されているのは、派手ではありませんが重要なポイントとなりました。

支持されているポイント


CPUが同一、見た目もほぼ一緒という中で、iPhone13とiPhone14どちらが良いか?を慎重に検討する必要があるモデルとなりました。
ポイントとして、2022年9月はiPhoneminiのモデルが出なかったことから、今回最も小さなiPhoneとなっていることです。このサイズが良く、Proほどは拘らないものの、カメラの品質を求める場合iPhone14、カメラ機能に拘らない方は、市場価格としては安いiPhone13がおすすめといえるでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top