iPhone買取価格

AirPods買取価格

AirPods買取価格

AirPods買取相場最新情報


AirPodsは現在、新品未開封品のみお買取可能です。新品未使用で開封済の場合は一度お問い合わせください。(AirPodsMaxのみ、中古でもお買取可能です。)

AirPods買取価格



AirPods Max
買取価格
新品未開封:50,000円

AirPods Pro
買取価格
新品未開封:18,000円


AirPods with Charging Case
買取価格
新品未開封:10,000円

AirPods with Wireless Charging Case
買取価格
新品未開封:12,000円

Wireless Charging Case for AirPods
買取価格
新品未開封:2,000円

AirPods豆知識


AirPodsはAppleより、2016年9月の発表会で初代モデルが公表された、Apple純正のワイヤレスイヤフォンです。
世界的にも、完全ワイヤレスイヤホン(左右のイヤホンを繋ぐケーブルもないイヤフォン)の火付け役となったイヤフォンとなりました。

全体的な特徴


Bluetoothを使ってiPhoneと接続します。
音楽を聴くために必要な「操作」を極力シンプルにしており、
例えば、電源を入れるための電源ボタンはなく、AirPodsの蓋を開けることで、自動で電源がオンとなり、iPhoneへ接続されます。
さらに、「両耳に入れることで音楽が再生」→「その状態で片耳を外すと一時停止」→「また戻すと音楽再開」といった、状況に応じて自動で再生と停止を行なうことが可能です。
(ご自身でコントロールしたい場合、設定でオフにすることもできます)

次の曲に移動、前の曲に移動、といった動作も、左右のAirPodsに割り当て、タップすることで操作ができ、わざわざiPhoneを取り出すことなく、音楽を楽しむことも可能です。

当然、マイクを搭載していますので、付けたままで通話を行うことができ、テレワークなどで愛用している方も多いようです。

設定方法


初期設定(ペアリング)
iPhoneとの接続は流石にスムーズに設計されており、初期設定はiPhoneのBluetoothをオンにした状態で、AirPodsの蓋を開けるとiPhone側にAirpodsの写真付きでポップアップが出現、後は画面に沿ってタップをしていくだけで完了します。
初期設定後の接続
Airpodsのケースを開けるだけで、接続されます。

モデルによる差異


AirPods(第1世代)


2016年12月発売、記念すべき初代モデル。
これまであげた特徴の全てに対応している基礎モデル。
大変人気で一時は入手困難になるほど人気となりました。

AirPods(第2世代ワイヤレスなし)


正式名称は、AirPods with Charging Case。2019年3月に発売されています。
見た目や音質に関わる部分は、第1世代と同じです。
唯一の違いが、Siriの起動方法が変わったこと。
第1世代は本体をダブルクリックでしたが、こちらでは「Hey Siri」で起動できるようになりました。

Siriによる音声操作ができますので、両手が塞がった状態や、なるべく手を離したくない状況で聴く場合、
圧倒的に利便性が増し、他のワイヤレスイヤフォンとの差別化要素ともなりました。

AirPods(第2世代ワイヤレスあり)


正式名称は、AirPods with Wireless Charging Case。2019年3月にワイヤレスなしモデルと合わせて発売されています。

AirPods(第2世代)にQi充電の機能が加わったモデル。
ケースの重さが2g程度しか関わらず、サイズはほぼ同じと言えます。
Qi充電は非常に便利な機能ですが、価格にすると定価で約5000円の違いがあり、不要であればワイヤレスなしモデルを選ぶと良いでしょう。

AirPodsPro


2019年10月発売開始。一番の進化点はノイズキャンセリングに対応したことです。それに伴い形がカナル型と呼ばれる耳に入れ込む形に変化しました。
ノイズキャンセリング機能は、電車で聴く方や、カフェで読書などと共に使いかたい方など、雑音をシャットアウトし聴くことができるため、主な利用環境次第では、必須機能と言えます。
また、ノイズキャンセリングの効果もデバイスによってまちまち、数値化が難しいため比較が困難ですが、AirPodsProのノイズキャンセリング機能は少なくとも、とても優れていると評判の良いものとなります。

AirPods Max


2020年12月に発表された、これまでのAirpodsとはまったく異なるモデルです。
なんと言ってもイヤフォンではなく、ヘッドホン。

非常にハイスペックで、ノイズキャンセリング対応、マイクも9つ搭載しています。
音声についても当然こだわりがあり、Apple独自の音響設計と呼ばれる40mm口径のダイナミックドライバー、原音に忠実な音声出力に加え、アダプティブイコライゼーションによる耳との吸着度や密接度に合わせたサウンド調整、
など多数の機能で高音質を実現しています。

従来のイヤフォン型AirPodsと同列と考えると非常に高価ですが、高音質ワイヤレスヘッドフォンとしては決して高くない価格帯に設定されています。
ワイヤレスヘッドホンとしての方向性で検討するのが良いかと思います。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top