AirPods

airpodsを落としたことで繋がらなくなった!対処法について解説します!

「airpodsを落としたことで繋がらなくなった」「airpodsがiphoneに再接続されない」このようにお悩みの方は多いですよね。
そこで今回は、airpodsがiphoneに接続されない時に確認していただきたいポイントや対処法について解説します。
ぜひ参考にしてください。

airpodsが接続できない時に確認した方が良いポイントをご紹介します!

☐airpodsが接続できない時に確認した方が良いポイントをご紹介します!

1つ目は、airpodsが充電されているかの確認です。
単に充電されていないことが原因でairpodsが使用できない可能性があります。
充電ケーブルに接続して、すこし時間がたってからもう一度接続を試みてください。

2つ目は、Bluetoothがオンになっているかの確認です。
もしかしたら、Bluetoothがオフになっていることでairpodsが接続されいないだけかもしれません。
コントロールセンター・設定アプリから確認できるのでチェックしてみてください。

3つ目は、OSのアップデート状況の確認です。
基本的にiphoneは最新のOSで使用するのが理想的です。
もしかしたら、最新のOSになっていないことが原因でairpodsが接続されないのかもしれません。
設定アプリからOSの状態を確認できるので、チェックしてみましょう。

以上、3つの点を確認することでairpodsが接続されない理由が判明するかもしれません。
ぜひ確認してみてくださいね。

☐どうしてもペアリングされない時にはどうすれば良いのか?

上記では、airpodsがiphoneとペアリングされない時に確認していただきたいポイントをご紹介しました。
しかし、ご紹介したすべての項目において問題がなく、ペアリングできない状況が解決されていないという方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの章では、ここまでご紹介したことを試しても解決しないという方に向けて試していただきたい対処法をご紹介します。

1つ目は、OSの初期化です。
iphone本体のシステムに問題が起きている場合には、OSを初期化してみてはいかがでしょうか。
公式サイトに初期化の方法が記載されているので、手順に沿って一度OSの初期化を行ってみてください。

2つ目は、airpodsの修理です。
iphoneのOSを初期化したとしても、airpods事態に問題が生じているのであればトラブルは解決しません。
もし、airpods本体やairpodsのケースを落として物理的に破損した可能性がある場合には、airpods本体に問題があるという線を疑ってみましょう。

どうしてもペアリングされない時にはどうすれば良いのか?

☐まとめ

今回は、airpodsがiphoneとペアリングされない時に確認していただきたいポイントや対処方法をご紹介しました。
airpodsがペアリングされずに困っている方にとって、なにか参考になることがありましたら幸いです。
また、この記事に関してなにか疑問点がございましたらお気軽に当社までお問合せください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top