AirPods

Airpodsを綺麗にするための方法とは?お手入れ方法を解説します!

高価なAirPodsは、できるだけ長く使いたいですよね。
しかし、小さく構造の複雑なAirPodsをどのように手入れすればよいか分からない方が多いと思います。

今回はそういった方々に向けて、AirPodsを綺麗にする方法についてご紹介します。

AirPodsを綺麗にするための方法

□AirPodsを綺麗にするための方法

Appleの公式サイトを見ると、細かくAirPodsやAirPods Proのお手入れの仕方が解説されています。
特に、水を使ったお手入れはNGです。

重要な事項についてまとめると
・AirPods や AirPods Proは水で洗い流さず、糸くずの出ない柔らかくて乾いた布を使う必要がある
・使用前、および充電器ケースに入れる前には、完全に乾かさなければならない
・開口部から液体が侵入しないように注意する
・マイクやスピーカーのメッシュ部分の手入れについては、乾いた綿棒を用いて綺麗にする
・鋭利な道具や研磨剤を使っての手入れは厳禁
・AirPods や AirPods Proがシミや損傷を受けかねないような素材が触れた場合は、水で軽く湿らせた布で綺麗にふき取った後、糸くずの出ない柔らかく乾いた布で拭いて乾かす。
(ここで言及されている素材とは、石鹸、シャンプー、コンディショナー、ローション、香水、溶剤、洗剤、酸または酸性の食品、虫除け、日焼け止め、油、毛髪染料など)

□AirPods充電ケースのクリーニング方法

AirPods本体のお手入れ方法は分かりましたが、充電ケースはどのようにクリーニングすれば良いのでしょうか。

*Lightningコネクタを綺麗にする方法

Lightningコネクタとは、AirPodsの充電器の底にある、充電コードを差し込む部分です。
ここに入り込んだ異物を取り除くには、毛先のやわらかい乾いたブラシを使いましょう。
この際に、爪楊枝などを用いて中の汚れを掻きだしたくなりますが、金属部分を傷つける恐れがあるのでやめましょう。

*充電ケース本体を綺麗にする方法

AirPods本体同様、柔らかく乾いた布で拭きとりましょう。
この際、WHOOSHなどを適度にスプレーすることで、より綺麗にクリーニングすることが可能です。
研磨剤などを用いて汚れを取ることは、故障に繋がりますのでやめましょう。

AirPods充電ケースのクリーニング方法

□まとめ

今回は、AirPods、およびその充電器を綺麗にする方法について解説しました。
ぜひ当記事を参考に、AirPodsを長く大切に使いましょう。

また、当社は24時間オンラインでも買取を受け付けています。
少しでも高い価格で買取させて頂きたいと考えておりますので、AirPodsを売りたいと考えている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top