iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

未分類

AirPodsのバッテリー劣化状況が知りたい?確認方法を紹介します!

「AirPodsのバッテリーの状態が気になる」
「AirPodsのバッテリーの消耗をできる限り抑えたい」
このようにお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、バッテリーの劣化状況の確認方法やバッテリーの消耗を抑える方法を紹介します。

バッテリーの状態を確認する方法とは

□バッテリーの状態を確認する方法とは

ここではバッテリーの状態を確認する方法を紹介します。
実は、AirPodsのバッテリーの状態を数値で確認する方法はありません。
iPhoneやApple Watchのバッテリーの状態は設定から確認できます。
「設定」、「バッテリー」、「バッテリーの状態」で最大容量を確認してみましょう。

では、AirPodsのバッテリー状態はどのように確認するのでしょうか。
それは、バッテリー連続使用時間を確認することです。
AirPods Proは1回の充電で最大4.5時間再生できます。
この連続再生時間が短くなっていれば、バッテリーが劣化したと言えるでしょう。

□バッテリーの消耗を抑えるためには

ここまではバッテリーの劣化状況を確認する方法を紹介しました。
ここからはバッテリーの消耗を抑えるための方法を紹介します。

実はバッテリーは100パーセントの状態まで充電すると劣化すると言われています。
そのため、充電自体は80パーセントの状態で抑えた方が良いです。
しかし、自分でいちいち80パーセントかどうかを確認するのは面倒ですよね。
実は、AirPodsの充電を80パーセントで抑えるための設定はiPhoneから行えますので安心してください。

その手順は以下の通りです。

まずはiPhoneとAirPodsを繋いだ状態にします。
その状態のままiPhoneの設定を開いて「Bluetooth」をタップします。
そして、接続されているAirPodsの横にある「i」のマークをタップします。
そうすると、「バッテリー充電の最適化」の設定を確認します。

そうすると、バッテリー充電の最適化がオンかオフの状態になっていると思います。
バッテリーの劣化を防止したい場合はオンの状態に、100パーセントの状態まで充電したい場合はオフの状態にしておきましょう。

実は、充電を始める際にも充電が0パーセントになってから充電を始めるのではなく、20パーセントぐらいまで減ったら充電した方が良いです。
バッテリーは0パーセントや100パーセントの状態になると劣化してしまうので、その状態を避けつつ使用することをおすすめします。

バッテリーの消耗を抑えるためには

□まとめ

今回は、バッテリーの劣化状況の確認方法やバッテリーの消耗を抑える方法を紹介しました。
紹介した機能をうまく活用しながらバッテリーを長持ちさせてくださいね。
また、充電を開始する際にも、バッテリーが20パーセント以下になる前に充電することを心がけましょう。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top