iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

AirPods

AirPodsに詰まった耳垢を掃除する方法を紹介します!

「AirPodsに耳垢が詰まっている」
「AirPodsの掃除方法を教えて欲しい」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいます。

AirPodsは使っているとどうしても汚れてしまいますよね。
本稿ではそのようなお悩みを解決するために、AirPodsの掃除方法について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

AirPodsの掃除方法について

□AirPodsの掃除方法について

ここではAirPodsの掃除方法をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、綿棒を使用する方法です。
AirPodsはマイクやスピーカーのメッシュ部分が汚れてしまいやすいですよね。
こうした部分は乾いた綿棒でこすることで綺麗になるでしょう。

AirPods Pro以外は、耐水性がありません。
そのため、耐水性のないイヤホンは綿棒をぬらさないように注意しましょう。
また、綿棒は充電ケースの掃除にも役立つので、ぜひ活用してみてください。

さらに、耳掃除をするための綿棒ではなく、掃除専用の先端が尖っている綿棒も発売されているので、ぜひ探してみてください。
丸い綿棒では届かないような細かな部分の掃除ができます。

2つ目は、エアダスターを使用する方法です。
綿棒で掃除をすると奥に汚れが入りそうになることがあるでしょう。
そういった場合に活躍するのがエアダスターです。
空気を吹き出しゴミやホコリを吹き飛ばしてくれるので、頑固な汚れでなければ問題なく除去できるでしょう。

なお、エアダスターを使用すると汚れやゴミが飛び散ってしまう恐れがあります。
使用する際には周りの環境に充分に注意するようにしてくださいね。

上記2つの方法は、先にエアダスターを行い、その後に綿棒で掃除することをおすすめします。
空気の力で吹き飛ばせそうな汚れや先にとってしまい、それでも落ちない汚れを綿棒で拭き取る方が効率よく掃除を済ませられるためです。

□仕上げの方法やしつこい汚れの対処方法

ここまでは綿棒とエアダスターを使用した掃除のやり方について紹介しました。
ここからは仕上げやしつこい汚れへの対処方法を紹介します。

仕上げにおすすめなのがアルコールを使用することです。
アルコールを軽くティッシュに染み込ませて拭けば仕上げは完了です。

アルコールはしつこい汚れにも効果があります。
油汚れを落としやすくしてくれるので、耳から出る皮脂の汚れをすっきりと落とせます。

仕上げの方法やしつこい汚れの対処方法

□まとめ

今回は、AirPodsの掃除方法について紹介しました。
綿棒やエアダスターをうまく活用して、AirPodsを綺麗にしてもらえれば幸いです。
また、しつこい汚れが気になる場合や仕上げをする場合には、アルコールを活用してくださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top