AppleWatch

どちらを買おうか迷っている方必見!アップルウォッチ6とSEを比較します!

アップルウォッチの購入をお考えの方で、アップルウォッチ6とSEのどちらを購入するかお悩みの方は多いでしょう。
今回はアップルウォッチ6とSEを比較し、その違いについてご紹介します。

アップルウォッチ6とSEの違いについてご紹介!

□アップルウォッチ6とSEの違いについてご紹介!

ここではアップルウォッチ6とSEの違いについて3つご紹介します。

1つ目は、選択できる素材やカラーがSeries 6の方が豊富なことです。
SEはケースの素材がアルミニウムだけで、仕上げも「スペースグレイ」「シルバー」「ゴールド」の基本3色のみです。
それに対して、Series 6のケースの素材はアルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3種類があります。
仕上げは「スペースグレイ」「シルバー」「ゴールド」「グラファイト」「スペースブラック」「チタニウム」「ブルー」「レッド」の8種類の中から好みに合わせて選択できます。

日常やフィットネス利用を想定して軽量なアルミニウムケースを選択する方にはどちらのモデルにしてもさほど差はありません。
しかし、予算が十分にあり、仕事用にステンレススチールやチタニウム特有の質感が良い場合や、ケースの側面に色味をつけたい場合は、Series 6をおすすめします。

2つ目は「常時表示ディスプレイ」がSeries 6のみが対応することです。
常時表示ディスプレイとは、腕を動かさなくても画面が真っ暗にならない機能のことです。
そのため、常に時計らしいウォッチフェースデザインが楽しめます。

3つ目は充電速の違いです。
Apple Watch Series 6とSEではバッテリーの持ちに大きな違いはなく、両方とも「最大18時間」と表記されています。
しかし、充電速度には明確な差があり、Series 6は1.5時間でフル充電が可能ですが、SEの場合はフル充電までに2.5時間かかるため、1時間分長くなってしまいます。

また、ワークアウト時のバッテリーの持ちとして公開されている値にも違いがあります。
Series 6の場合、屋内ワークアウトで最大11時間、GPSを使用した屋外ワークアウトで最大7時間、GPSと4G LTEを使用した屋外ワークアウトで最大6時間です。
一方、SEではそれぞれ1時間分短く、最大10時間、最大6時間、最大5時間となっています。

□常時表示ディスプレイの利便性をご紹介!

常時表示ディスプレイの利便性についてご紹介します。

常時表示ディスプレイはアップルウォッチ Series 6のみに対応しており、常にディスプレイが表示されているという機能です。
一方、常時表示ディスプレイに対応していないアップルウォッチ SEは、使っていないときはディスプレイが暗くなり非表示です。
そのため、時間を確認したくても腕を動かさないと、再度表示されません。
「すぐに時間を確認したい」「腕を動かさないと時間を見られないのが面倒だ」とお考えの方は常時表示ディスプレイの機能がついているアップルウォッチ Series 6がおすすめです。

常時表示ディスプレイの利便性をご紹介!

□まとめ

今回はアップルウォッチ6とSEを比較し、その違いについてご紹介しました。
本稿を参考にしていただけると幸いです。
何かご不明な点がございましたら当社までお問い合わせください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top