AppleWatch

iPhoneとApple Watchで出来る5つの基本的な連携機能

巷で噂のApple Watch、名前は知っているけど何が出来るかご存知でない方も多いのではないでしょうか。
デザインやヘルスケアの分野が注目されがちですが、今回はApple Watchで変わる「日常生活のスピード」にスポットライトを当ていくつか機能を紹介します。

Apple Watchとは?


Apple Watchはいわゆる腕時計型スマートデバイスになるのですが、イメージ的にはiPhoneの利用をより便利にするコントローラー+サブディスプレイと考えて頂ければと思います。
ではそれぞれの機能を紹介して行きます。
もちろん、これから様々なアプリが世に出てくるかと思いますので、
こちらで紹介しているのは標準で付いて来る最低限のもの、となります。

便利な連携機能5つ


メッセージを素早く確認


メッセージ確認
これまでは、iPhoneが鞄やポケットで振動(これが意外と気がつかないですよね)、端末を取り出し、開いてメッセージアプリを開き返信、さらに鞄やポケットにしまう、といった1つ1つの手間は少ないですが、結構多くの工数を割いていました。
慌てて取り出し、落として液晶を割ってしまう、といった話も良く聞きますね。
これがApple Watchを利用することで、
着信は腕の振動で素早く察知、手首を上げると自動でメッセージが開きます(ここまででだいぶ時間に差がありますね!)。
また腕を下ろす事で表示は消えるので安心です。
返信が必要な場合も、定型文の選択でApple watchからそのまま返信できます。定型文はiPhone側でカスタマイズ可能なので自分がよく使う言葉を足せます。
また定型文以外にも、音声入力でテキスト送付や、音声そのものをボイスメッセージとして送付することも。
混雑している電車の中や信号待ちなど、ごく少ない隙間時間でもメッセージ確認が出来るのは嬉しいですね。

電話に応答


電話に応答
Apple watchから電話に応答することが出来ます。
これは特にiPhoneを鞄に入れることの多い女性にメリットがあるかと思います。
外出中に着信し、慌てて鞄を漁っている女性を良く見かけますが、手首から応答できれば出先でも素早く電話に出ることができます。

アラーム、スケジュール


スケジュール確認
私だけかもしれませんが、これも今まで意外と問題児でした。
アラーム、スケジュール共に失念防止の為に設定しているのですが、机に置いていて気が付かない、近くにあってもバイブに気が付かない、といったことで機能を台無しにしているケースが今まではありました。
Apple watchを使うことで、iPhoneで入力したアラームやスケジュール通知を手首の振動で伝えてくれる、これだけで機能本来の役割が大幅に強化されると思いませんか?
電車の中で、寝過ごさずに駅まで10分だけ寝たい、といった使い方で仮眠の確保にもなるかもしれませんね。

マップ


地図
iPhoneで地図を見ながら目的地に、経験のある方は多いかと思いますが、特に荷物が多かったり、雨の日で傘を持っていたりする場合、都度iPhoneを開くのはかなり億劫です。
これが手首から地図を見ることにより、まるでカーナビのような使い方で目的地へたどり着けます。
手首という場所は何か見る、という点においてとても優秀な場所だと思います。

天気


天気
これから梅雨の季節が来ますね。
リアルタイムで天気が変わるので1日の中でも定期的にiPhoneで確認する方も多いのではないでしょうか。
今いる場所の天気を、文字盤により時系列で表示させることができるので、無駄に傘を持ち歩いたり、急な雨に打たれたりすることを減らせます。

まとめ


今回のご紹介は以上です。細かい点かもしれませんが、私もよく考えてみると、1日でポケットからiPhoneを取り出す回数は相当なものなので、積み重ねると大幅な時間の削減になるかもしれません。
皆様も興味があれば、店頭で触ってみて下さい♪
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top