MacBook

MacとWindowsはどっちがいい?どのような人におすすめ?

「新しいPCを買いたい」「MacとWindowsはどっちがいい?」と考える方は多いでしょう。
今までと同じにするか、違う方を購入するかは迷いどころです。
違う方を選ぶには、少し勇気が要りますよね。

そこで今回は、MacとWindowsの特徴をご紹介します。
自分に合ったPCを見つけられるように、どのような人にどっちがおすすめかもご紹介します。

MacとWindowsはどっちがいい?〈Macがおすすめな人〉

□MacとWindowsはどっちがいい?〈Macがおすすめな人〉

Macをおすすめしたい人は、次のような方です。

まずは、Apple製の周辺機器を多く持っている方です。
iPhoneやiPodを使っている方は、Macの方が良いかもしれません。
その理由は、それらの端末には互換性があり、デザインが統一されているからです。

次に、デザイナーです。
Macは、高画質なディスプレイを持ちます。
そのため、仕事で画質の良さを求める方、プライベートで写真をよく見る方には、Macがおすすめです。

そして、PCを移動中に使うことが多い方にも、Macをおすすめします。
Macは、軽くて薄いことが特徴です。
そのため、PCを持ち運んだり、移動中に使ったりすることが多い方は、Macの方が良いでしょう。

また、自分でセキュリティ対策するのが苦手な方です。
Macは、十分なセキュリティ対策を取っています。
そのため、追加でセキュリティ対策する必要性が、Windowsより少ないでしょう。

□MacとWindowsはどっちがいい?〈Windowsをおすすめしたい人〉

Windowsをおすすめしたい人は、次のような方です。

まずは、ExcelやPowerPointをよく使う方です。
大学や仕事では、Microsoft Office系のソフトウェアはよく使いますよね。
これらはWindowsだけでなくMacでも使えますが、互換性の良さは今のところWindowsの方が良いでしょう。

次に、外部端子の豊富さを求める方です。
Windowsは、プレゼンする際に「変換アダプタを持っていませんか?」と探し回る機会が、Macより少ないでしょう。
ただし、Macは持ち運びやすいため、営業の方はどっちがいいかは一概には言えません。

そして、コストパフォーマンスを求める方にも、Windowsをおすすめします。
Windowsの方が、Macに比べて費用を抑えられる傾向があります。
そのため、安くて良いものを使いたいとお考えの方には、Windowsが良いでしょう。

MacとWindowsはどっちがいい?〈Windowsをおすすめしたい人〉

□まとめ

Macは、Apple製の周辺機器を多く持っている方、PCを移動中によく使う方におすすめです。
Windowsは、ExcelやPowerPointをよく使う方、外部端子の豊富さを求める方におすすめです。

本記事を読んで、MacとWindowsのどっちがいいかを決められたでしょうか。
両者にはそれぞれに異なる魅力があるため、どっちが自分に合うかを見極めてみましょう。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top