iOS

iPhone・iPadユーザー必見!iOS10の新機能3選

2016年6月13日、米アップルがiOSの新バージョン「iOS 10」の新機能などを発表しました。iPhone・iPadユーザーにとっては気になるニュースですよね。
今回はそんな「iOS 10」の変更点と新機能について、ユーザーにとって影響が大きい点を3つピックアップしてご紹介していきたいと思います!



純正の標準アプリが削除可能に


iPhone・iPadのヘビーユーザーにとってはこの変更点を喜ぶ人が多いのではないでしょうか!?
全く使わないのにホーム画面を占拠する標準アプリアイコン。画面をスッキリさせたい人にとっては正直ジャマな存在だったんですよね。そんな標準アプリがついに削除可能になりました。
削除方法は通常のアプリ同様アプリのアイコンを長押ししてプルプル震えた状態でアイコン左上の「×」をタップすればOKです。


ios10 標準アプリ削除

なお、一度削除したアプリはApp Storeから再インストールが可能ですが、データなどは元に戻りませんのでその点には注意が必要です。



削除が可能になる主なアプリは下記の通りです。


  • 計算機
  • カレンダー
  • コンパス
  • Face Time
  • iBooks
  • ミュージック
  • リマインダー
  • 株価
  • ヒント
  • Watch
  • 天気
  • ボイスメモ


アルバム自動作成機能搭載の写真アプリ


Googleフォトなどで好評のアルバム自動作成機能が「iOS 10」にも搭載されます。
写真を撮ると人物の顔や背景などによって自動的に被写体をカテゴリー分けしてアルバムを作成します。これにより、写真の整理が簡単になるだけでなく、人の名前や場所などのキーワードで写真を検索することが出来るようになります。「あの時の写真はどこだっけ?」と困ることがなくなるわけですね!
今回アップルは特にその精度の高さに自信を持っているようです。Googleやfacebookにこの分野で遅れをとってきた分期待したいですね!



LINEを超える!?メッセージアプリ


アップルによると、iOSでもっとも多く使われているというのが純正メッセージアプリ。日本人にとってはLINEなど他のメッセージアプリを使って家族や友達とやり取りをすることが多いかも知れませんね。


iOS10 メッセージアプリ

「iOS 10」ではこのメッセージアプリの機能が大幅に強化されています。
従来は決まった形の吹き出しの中にメッセージが表示されましたが、「iOS 10」では吹き出しが揺れたり膨らむような効果を作って見た目で楽しむことが出来ます。
また、絵文字に置き換えることが出来るワードがひと目で分かるように色がかわり、ワンタッチで簡単に絵文字に変換することが出来たり、LINEのスタンプのように絵文字のみで送信することも可能に。手書きの文字も送信することが出来るようになります。
今後はLINEのスタンプのように純正メッセージアプリで使用可能なスタンプがApp Store内で販売出来るようになるそう。世界中で大流行するスタンプを作って一獲千金を狙うのも良いかも!?



iOS 10対応機種


  • iPhone 5/5c/5s
  • iPhone SE
  • iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus
  • iPad第4世代
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad Pro
  • iPad mini
  • iPad mini 2
  • iPad mini 3
  • iPad mini 4
  • 第6世代 iPod touch

最後に


個人的にはiPhone4Sが非対応となってしまうのが残念ですが、さすがに仕方がないですね・・・
今回ご紹介した「iOS 10」は一般向けには2016年秋の公開が予定されています。待ち遠しいですね!!


URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top