iPhone

事前予習!iPhone6Sの噂まとめ

事前予習!iPhone6Sの噂まとめ
来月9月9日に発表されると噂されるiPhone6SとiPhone6S Plus、ネット上では噂やリーク情報が飛び交ってますがここでザックリとまとめていきたいと思います。
それではここから、順番に現時点でのiPhone6S・6SPlusについての噂のまとめを紹介していきます。

iPhone6S・6SPlusについてのスペック情報


カラーバリエーション


iPhone6同様3色(スペースグレー、シルバー、ジャンパンゴールド)+ローズゴールド(ピンク)が追加されると噂されてます。

A9プロセッサ搭載とメモリーの向上


iPhone6や6PlusではA8チップのデュアルコア(CPU2つ)を採用していますが、A9プロセッサーはクアッドコア(CPUを4つ搭載)になり更にパワーアップするかもしれません。
メインメモリーもiPhone6は1Gバイト搭載だったので6S・6SPlusでは2Gバイトに倍増すると言われています。

カメラ機能の強化


画素数が大幅に向上してリアカメラが1300万画素、フロントカメラでパノラマ撮影対応720Pのスローモーション可能とフロントカメラ機能が自撮りを意識して多機能に。

感圧タッチパッド


タッチする感度によって機能を変化させる機能、新しいMacBookのトラックパッドにはすでに導入されている機能なので、それをiPhone6Sや6SPlusでどう言う機能が盛り込まれるのか楽しみですね。

さらに軽く軽量化?


iPhone6発売当時で一時話題となった、ポケットに入れると曲がると言うニュースやレビューが多く見られましたが、それに対応する為6Sや6SPlusで使われるアルミはAppleWatchで使用されている、7000シリーズアルミアロイを使う事によって軽量化と強度をアップさせるようです。
ネット上ニュースでは薄くなる派と少し分厚くなる派の2つに別れてますが軽量化されるといいですね。

ディスプレイ


iPhone6が4.7インチ、6Plusが5.5インチディスプレイなのでデザインはそのまま継承されれば変化はないと思います。
4インチ版のiPhone6Sも噂されてますが、iPhone6とほぼ同スペックのiPod touch第6世代が発売されたので期待が膨らみます。

搭載OSはiOS9


今年の6月に開催されたWWDCで発表されたiOS9ですが、どう進化するのか軽くおさらいしておきましょう。

バッテリー管理の強化


バッテリー管理アプリの改善で約1時間長く持つと言われてます。

siriのレスポンス、学習能力の向上


iOS9よりレスポンスと学習機能が強化されてさらに使いやすくなると言われてます。新たに「プロアクティブアシスタント機能」を追加することにより、ユーザーの行動やパターンを予測して、アプリを起動したりsiriの応答パターンに変化がおきたりするそうです。

メモアプリ機能強化


写真や動画を貼り付ける機能が追加され手書き入力も可能。

以前のモデルのiPhone買取価格はどうなる?


iPhone6S・iPhone6S Plusが発売されると、それ以前のモデルの買取相場がどのように変化するのか知っておきたいところですよね。
まず知っておいて頂きたい事は、6S・6SPlusが発売されると現時点(2015年8月12日時点)で最新モデルとなる6・6Plus及びそれ以前のiPhoneの買取相場は大幅に下落するという事です。これは過去に最新モデルのiPhoneが発売される都度、同じように発生してきた相場変動現象です。
新型iPhone発売前後の買取相場については「iPhone6・6Plus発売前後のiPhone買取相場変動推移」にて詳しく紹介しているので、気になる方はご覧ください。

まとめ


iPhoneシリーズの特徴でSシリーズはマイナーアップデートと言われてます。こちらで紹介した情報に関しては、現時点であくまで噂として流れている情報をまとめたもので、詳細は正式に発表されるまでわかりませんが非常に楽しみです。
iPhone意外では新しくモデルチェンジするAppleTVや12インチ版iPad等の噂も出てきてますので今後の動向に注目していきましょう。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top