iPhone買取価格

iPhone6s買取価格

iPhone6s買取相場最新情報

本日の買取相場 iPhone7の発売により、6s以前もモデルについては、買取相場が非常に不安定な状況となっています。その為、お早目のご売却をお勧めいたします。 iPhone6s国内キャリア版のお買取価格は、iOSバージョンやキャリアにより異なる場合がございます。表示価格はお買取上限価格となりますのでご了承下さい。又、新品価格が下がってきています。詳細については、各店舗まで直接お問い合わせ下さい。

※現在iPhone全体の買取相場が非常に不安定な状況の為、一時的にお買取価格の記載を中止しております。最新のお買取価格につきましては、ご利用の店舗まで直接お問い合わせ下さい。

iPhone6s 128GB買取価格

国内キャリア版

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

SIMフリー版

ローズゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未開封:46,000円
中古買取価格:~40,000円

iPhone6s 64GB買取価格

国内キャリア版

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

SIMフリー版

ローズゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:~38,000円

iPhone6s 16GB買取価格

国内キャリア版

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未使用:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

SIMフリー版

ローズゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:

グレー

買取価格
新品未開封:お問い合わせ下さい。
中古買取価格:
記載されているお買取価格は、新品・中古のそれぞれ上限価格となっております。傷の状態・キャリア・iOSバージョン、付属品の有無等によってお買取価格は変動致します。尚、割れや液晶不良、動作不具合等がある場合は、減額対象となり、不具合箇所によって減額される価格も異なります。 又、各店舗によってお買取基準や価格に違いが出る場合もございますので、出来るだけ詳しいお買取価格をお知りになりたい場合は、ご売却希望の店舗へ直接お問い合わせ下さい。

iPhone6s買取実績

au iPhone6s 新品

au iPhone6sの新品です。キャリアでのご契約後すぐに事情により使用予定がなくなってしまったという事で、当店へお持ち頂きました。
店頭にて商品確認をさせて頂いたところ、外観も完全な新品状態で充電回数も1回のみ、又、初回アクティベートから数日しか経過していなかった為、新品としてMAX価格でのお買取が可能でした。

買取店舗:横浜本店

SIMフリー iPhone6s 新品

人気の香港版iPhone6s新品です。付属品の一部が欠品していましたが、その他は新品買取の条件を満たしていましたので、減額も少ない状態で高価買取が可能でした。
因みに海外版SIMフリーiPhoneの場合は、キャリア版に比べて高額買取が可能となっていますが、日本の技適マーク有無によって査定価格に影響してきます。

買取店舗:高田馬場駅前店

ドコモ iPhone6s 中古

中古のドコモ版iPhone6sです。こちらの商品は全体的に傷が多かったのですが、動作不具合や液晶焼け等も見当たらなかった為、出来る限りの査定価格をご提示させて頂いたところ、お客様には「さっき行ったお店より5,000円以上高い!」と言って頂き、大変喜んで頂く事が出来ました。
もちろん、その場でお買取させて頂きました。

買取店舗:新宿店

もっと当店の買取実績一覧を見てみたい!という方は、「iPhone高価買取実績一覧」をご覧ください。

iPhone6s豆知識

こちらをクリックで表示

iPhone6sスペック情報

iPhone6sは2015年9月10日にAppleのイベントで紹介されました。機能面としてはTouch3Dを初めて搭載した機種となります。

外観的な要素

  • 画面サイズ:1,334×750の4.7インチ
  • 端末サイズ:高さ138.31mm,幅67.1mm,厚さ7.1mm
  • 重さ:143g
  • コネクタ:8ピン
画面サイズ、端末のサイズ共に前機種の6と比べると1mm以下の気がつかないレベルでは大きくなっていますが、殆ど同じ形と言えます。iPhone6で利用していたケースも殆どは流用出来るかと思います。
(iPhone6のスペックについては、「iPhone6買取価格」にてご確認頂けますので、見比べてみて下さい。)

しかしサイズは同様ながら、7000シリーズのアルミニウムという航空宇宙産業で使われている素材が使われており、合わせてカバーガラスも強化されているとのこと。より頑丈になっている点が特徴的です(その分、重量は少し重くなっています)。

またカラーバリエーションは、Apple商品全体としても新色となるローズゴールドが追加され(落ち着いた色のピンク)、スペースグレー、シルバー、ゴールドとの4色展開となりました。

内面的な要素

  • CPU :A9チップ
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式:LTE(VoLTE,キャリアアグリゲーション)/WiMAX(キャリアアグリゲーション)/W-CDMA/CDMA
  • テザリング:対応
  • 指紋認証:対応
  • Touch3D:対応
  • 背面カメラ:1200万画素 (4K動画撮影に対応)
  • 全面カメラ:500万画素
前作と比べるとソフトウェア面でも大幅な強化が行われています。
まずは基本となるプロセッサーチップがA8からA9へ進化、CPUは70%、GPUは90%の高速化を実現。

特にカメラは大きく進化しており、背面カメラも800万画素から1200万画素に、全面カメラも120万画素から500万画素に大幅強化されています。
特に全面カメラはRetina Flashという機能を搭載し、画面を明るくすることで、顔に光をあてることが出来るようになりました。SNS用に自撮りする人をターゲットとした機能と言えます。

4G通信方式

嬉しいことにiPhone6sでは国内で利用できる通信方式も増えています。
docomo SIM
2G帯と1.7G帯の電波を束ねるPREMIUM 4Gに対応。理論上の数値にはなりますが、下り(ダウンロード)262.5Mbps、上り(アップロード)50Mbpsの速度を実現し、2015年9月現在国内で最速の通信を利用することが出来ます。
au SIM
こちらもdocomo同様に新しくLTEで2G帯と800M帯の電波を束ねるキャリアアグリゲーションに対応。下り最大225Mbpsの通信に対応するようになりました。またauの場合はWimaxの電波も利用できる為、Wimax版のキャリアアグリゲーションにも対応、こちらの場合は下り最大220Mbpsの速度で利用出来るとのことです。
Softbnak SIM
ソフトバンクも同様に電波を束ねるキャリアアグリゲーションに対応します。こちらは下り最大187.5Mbpsの通信に対応しています。
と数値にするとdocomo > au > Softbankになりますが、対応エリアが東名阪だけ、といった通信もあり、実測値では違った結果になることも十分考えられます。今後は発売後に様々なメディアで実測値の記事が出されるかと思いますので、そちらも参考にし選択するのが良いかと思います。

発表時に斬新だった機能

なんといってもTouch3Dへの対応が一番の話題です。
感圧形式のトラクパッドを搭載し、画面を「強く押す」という情報を与えられるようになりました。
例えば、メール一覧画面で軽くタップすると画面はそのまま、小窓から中身を一部確認でき、強くタップすると画面が遷移しメール全部を確認出来る、 といった機能や、ホーム画面で電話のアイコンを強くタップするとよく使う連絡先一覧が表示されたりなど、新しいショートカットキーが一つ増えたイメージになります。

最後に

2015年9月25日に発売の機種となります。
何と言ってもTouch3Dにどこまで価値が出るか、頑丈さを取り少し重くなった本体がどう評価されるか、がこの機種の価値を決めるポイントとなりそうです。
尚、iPhone6Sの機能については「iPhone6S新機能についてのまとめ」でも詳しく紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top