iPhone

iPhone6S新機能についてのまとめ

iPhone6S新機能についてのまとめ
先日、日本時間9月10日の早朝にAppleはiPhone6sとiPhone6s Plusを発表しました。見た目に大きな変更はありませんが、スマホの中核ともいえるタッチ操作に新しい機能が搭載されています。

iPhone6と比べて「全然変わってないじゃん!」と思っている方もいるかと思いますが、あまり目立たたない部分で結構進化しています。
そこで今回は、前作のiPhone6との比較を中心にこちらにまとめますので、購入の検討材料にして頂ければと思います。

外観について


見た目は前作のiPhone6、6 Plusと比べると外観の変化は殆どありません。
0.1mm程度サイズが変わっているようですが、ケースもよっぽどのことがないかぎり、先代モデルのものを流用出来るかと思います。

しかしながら、筐体には7000シリーズのアルミニウムという航空宇宙産業で使われている素材が使われており、カバーガラスも強化されているとのこと。
見た目は同じですがより頑丈になっているようです。

またカラーバリエーションは1つローズゴールドが追加され(落ち着いた色のピンクです)、スペースグレー、ホワイト、ゴールドとの4色展開となります。

筐体とガラスの強化に伴うものかと思いますが、iPhone6Sは約15g、iPhone6S Plusは約20g、前のモデルより重くなっているようです。

ソフトウェア面に関して


ソフトウェア面では大幅な強化が行われています。
まずは基本となるプロセッサーチップがA8からA9へ進化、CPUは70%、GPUは90%の高速化を実現しているとのことです。

特にカメラは大きく進化しており、背面カメラも800万画素から1200万画素に、全面カメラも120万画素から500万画素に大幅強化されています。
特に全面カメラはRetina Flashという機能を搭載し、画面を明るくすることで、顔に光をあてることが出来るようになりました。SNSように自撮りする人をターゲットとした機能と言えますね。

さらに動画撮影は4kに対応し、これまでよりさらに綺麗に動画を残せるようになっています。容量をどれくらい食うのか心配ではありますが、撮影品質は選択出来るUIになっているかと思います。

新しい試みとなる3D Touch


これが今回の目玉となるのですが、3D Touchと名付けた感圧形式のトラクパッドを搭載しています。これで何が変わるかというと、これまではスクリーンに対して「タップした」「長押し」「指を離した」程度の情報しか与えられなかったのですが、これに加え「強く押す」という情報を与えられるようになりました。

これにより何が変わるか、というところで、すぐに思いつくのはこれを活かしたゲームなどかと思いますが、実際にAppleが訴求しているのは「スピード」の向上です。
例えば、メール一覧画面で軽くタップすると画面はそのまま、小窓から中身を一部確認でき、強くタップすると画面が遷移しメール全部を確認出来る、
といった機能や、ホーム画面で電話のアイコンを強くタップするとよく使う連絡先一覧が表示されたり、などある種新しいショートカットキーが一つ増えたイメージになります。
様々なアプリが対応するようになれば、iPhoneの新たな強みになるかもしれませんね。今後のアプリの対応状況には要注目です。

最後に


いかがでしょうか。
前作のiPhone6からの進化として派手な点は少ないものの、外装面の強度やソフトウェア、カメラ機能をそれぞれ着実に進化させ、3D Touchという新しい取り組みも開始。今後の新たなスタンダードになりそうな端末と言えます。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top