iPhone

技適マーク無しの端末を使用すると違法となる?

技適マーク無しの端末を使用すると違法となる?
技適マークのことは皆さまご存知でしょうか?
最近は日本でも格安SIMサービスの台頭により、海外のSIMフリー端末を購入し、利用したいと考える人も増えています。
そんな時に気をつけて頂きたいのがこの技適マーク、知らずに電波法違反を犯してしまう可能性もあります。

そんな技適マークについて、ここで一度確認していきましょう。

技適マークとは何か


日本で無線機器を使うにあたり必要なもので、電波の利用ルールとして総務省によって定められています。
これは電波法というだいぶ歴史のある法令に関わりがあり、つまりは電波を公平に効率的に利用する為に様々な基準(チャンネルや送信出力などに加え、無線機自体の技術基準など)が設けられていて、それを満たしているものにこの技適マークが付与されることになっています。
つまりは、日本で無線機器を使う場合、技適マークが原則必須になる、ということですね。

原則と書きましたのは、海外から日本に観光などで訪れ、ローミングとして利用することは許可されているようです。


これの何が問題なのかと言うと、日本で国内向けに販売されているものはもちろん問題ないのですが、あくまで日本の総務省が定めていることですので、海外で販売している端末は原則この技適マークを取得していません。
この技適マークを取得していない端末で通信を行うと(国内キャリアのSIMだけでなく、Wi-FiやBluetoothでの通信も)電波法違反となってしまいます。

技適マークの確認方法


お使いの端末で技適マークがどのように記載されているか、見てみましょう。

iPhoneの場合


iPhoneの場合はソフトゥエアの中に技適マークを保持しています。

  1. 設定アプリから一般

    一般

  2. 情報をタップし

    情報

  3. 法令に基づく情報をタップ

    法令に基づく情報

  4. この中で認証を選択すると

    認証

  5. 日本の技適マークを確認することができます。

    技適マーク

その他の端末の場合


ガラケーはよく電池パックを外したところに、
androidスマホも最近は多くのケースでソフトウェア上から技適マークを確認できるケースが多いです。

例えばZenphone2だと、設定から端末情報→認証を選択すると
認証
同じくソフトウェア上で技適マークを確認することができます。
技適マーク

技適マークの取得を申請する?


どうしても使いたい端末があった場合に技適マークの申請を個人的に行い、認可を得ることはできないのでしょうか。どうやら制度上は可能なようです。
しかしながら、財団法人テレコムエンジニアセンターに対し細かな設計図や技術資料の提出に加え10万円程度の費用も必要になってくるとのこと。
設計図や技術資料を入手することはもちろん不可と言えますので、事実上は個人的に技適マークを取得することは不可能と言えるでしょう。

最後に


いかがでしょうか。
海外で販売されているスマートフォンも魅力的な商品がたくさんあります。ご検討される方は周波数の問題だけでなく技適マークの取得有無にも注意をして下さい。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top