iPhone

SIMフリーiPhone使用時のメリット・デメリット

ご存知かも知れませんが、iPhoneには”SIMフリー版”と呼ばれるものが存在します。今回はSIMフリー版iPhoneの使い方とメリットをご紹介させて頂きます。

そもそもSIMフリーiPhoneって?


通常、皆様のiPhoneにはSIMカード、と呼ばれるものが入っており、それが電話番号の情報を保持しています。SIMは簡単に抜き差し出来ますので、本来であれば、SIMを差し替えることで、自由に端末や回線を使い分けることが出来る仕組みになっているのです。
しかし通常、携帯ショップに売っているiPhoneは、docomoならdocomoの、SoftbankならSoftbankのSIMしか使えないように”ロック”がかかっており、他社のSIMは使えないようになっています。

このSIMロックがかかっていない状態をSIMフリーと呼びます。

SIMフリーによるメリット


何と言ってもコストではないでしょうか。IIJ、OCN、ビックローブなどが販売しているいわゆる”格安SIM”で毎月の通信量を大幅に抑えることが出来ます。何より、格安SIMには様々なプランが用意されていますので、自分の使い方にあったプランで無駄のない利用が出来ます。
これは国内だけでなく海外でも言えることで、出張や旅行の多い方などは国内のSIMを持ち込むより、海外でSIMを仕入れる方がよっぽど安価にすみます。

自宅にはWi-Fi環境があり、外ではヘビーに利用されない方や、海外に行く機会の多い方には特におすすめになります。

SIMフリー+格安SIMを利用する注意点は?


もちろん、注意点もありますので紹介します。
一番良く聞くのは”メールアドレス”です。
@domoco,や@ezwebのアドレスは通信会社から提供されていますので、格安SIMに移行すると手放す必要があります。
Line中心だから、Gmailを使っているから、といった方や、その移行に抵抗が無い方が対象になるかと思います。

あとはSIMの入れ替えや通信会社、格安SIMプランの吟味など根本的にそのような事が煩わしいと感じる方にもあまりお勧め出来ません。ショップに行けば教えてくれる、といったものでもなくなる為、困ったことがあれば「ネットなどから自分で調べる」といったデジモノが好きな方、でないと不便に感じてしまう側面も持っています。

また、今までは通信会社から割賦で買っていた方も多いかと思いますが、SIMフリー版は基本的に一括購入となりますので、こちらもご注意下さい。

SIMフリー版を買うには


Apple Storeで購入出来ます。シンプルですね。
近くにお店が無い方も公式Webサイトから購入出来ます。
これまでは、日本国内では販売されていませんでしたので、ネット通販などで転売商品や海外商品を買う必要があったのですが、Apple Storeでの取り扱いによりだいぶ身近になりました。

しかし、Apple Storeでの購入ではもちろんSIMカードは付いてきませんので、合わせてSIMカードの購入を進める必要があります。
格安SIMは家電量販店やこれもそれぞれ格安SIM業者のWebサイトから購入することが出来ます。

はじめは抵抗があるかもしれませんが、やってみると意外と簡単です。
毎月の通信費を下げたい、ほとんど使わないのに1万円近く払っている、なんて方は一度ご検討をお勧めします。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top