iPhone

SIMフリーiPhoneでLINEの認証を行う2つの方法

SIMフリーiPhoneでLINEの認証を行う2つの方法

SIMフリーiPhoneと格安SIMでLINEの認証をしよう!


昨今、格安SIMがだいぶ浸透してきましたね。それに伴いSIMフリーiPhoneを選択する人も増えています。
そんな中でよく聞くのが、安いデータプランだけ契約し、通話やメッセージはLINEで充分、という声です。
しかし、SIMフリースマホ+格安SIMでLINEを利用するには少し工夫が必要となります。と、言うのもLINEのアカウントを有効にするには自分の端末で使うものと証明する為にSMSによる認証が必要となるからです。具体的には、登録の際にSMSの番号を指定し、指定した番号に届いたSMSに記載されている認証番号をアクティベートのタイミングで打ち込む必要があります。

SMS認証画面


これを自身のデバイスで受信する必要があります。
LINE認証
つまりは、何も考えずに格安SIMの契約をしてしまうと、『LINEが使えない』ということになりかねない為、今回はその認証を突破する方法を2つ、注意事項を1つご紹介致します。

SIMフリーiPhoneでのLINE認証方法


SMS付きのプランを選択する


これはシンプルな解決方法ですね。
実は格安SIM会社はそれぞれ、格安のデータのみプランと、格安プランの2倍ほど月額料金が必要な(それでも安いですが)データ+音声(SMS)の2種類だけでなくデータ+SMS付きのプランが存在します。概ね、データのみプラン+300円ほどでSMS付きのプランを使うことが出来ます。
SMS付きプランにすれば、もちろん、SMSを受信しLINEを認証し使うことが出来ます。
このSMS認証ですが、今はLINEだけでなく金融系サービスやApple ID、Googleアカウントなど、様々なサービスで2段階認証(パスワードだけでなく、もう一つ追加で本人の利用であることを認証させること)の用途で活用が増えています。

他のサービスのことを考えても、格安SIMのみで運用する場合はSMS付きプランを選ぶことをお勧めします。


別の携帯電話にSMSを飛ばす


これはガラケー + SIMフリーiPhoneで運用されている方向けの方法となります。SMS認証は実際にLINEを使う端末の電話番号を都度照合するわけではないので、iPhoneでLINEをインストールし、SMSの送付先を聞かれた際にガラケーの番号を入力して下さい。これで認証用のSMSがガラケーに届きますので、そこに記載されているコードをiPhoneから入力することで無事にLINEを使うことが出来ます。


SIMフリースマホでLINEを使う際の注意事項


しかしながら、上記[SMS付きのプランを選択する]の方法でLINEを利用する方は1点、注意が必要です。
LINEのID検索は通信キャリアに登録した年齢情報を元に年齢を判断しておりますので、格安SIM利用の場合は年齢情報がなく、結果、未成年の利用が制限されている”ID検索が出来ない”という自体に陥ります。
これは[別の携帯電話にSMSを飛ばす]の方法で別途通信キャリアの契約があれば、そちらで年齢認証が出来るので問題ございません。

では格安SIMを使うと実際にその場にいない友達は友達追加できない?
と言えば実はそうではなく、代替的な方法が存在します。以下に詳細を紹介します。

実際の操作方法


  1. トップ画面から『その他』をタップ

  2. 『プロフィール』を選択

  3. プロフィール画面から『自分のQRコード』を選択

  4. QRコード画面右上のメニューボタンをタップ

  5. 『メールで送信』or『ライブラリに保存』を選択

その後は保存した画像をメール等で送信、もしくはメールでそのまま送信、
のどちらかで遠方の友達も追加が出来ます。

LINE その他
LINE プロフィール
LINE 自分のQRコード
LINE QRコード送信

少し難しいように感じるかもしれませんが、実際にやってみると簡単です。

まとめ


いかがでしょうか。
SIMフリーiPhoneによるLINE利用は毎月の通信料金を大幅に削減出来る可能性を持っています。
少しでも通信料の節約をしたいという方は、一度SIMフリー+格安SIMの利用を検討してみては如何でしょうか?
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top