安心のiPhone修理サービス

iPhoneの電池劣化はバッテリー交換修理

iPhoneの電池劣化はバッテリー交換修理
電池の減りが異常に早い、充電をすると本体が異常に熱くなる等のご相談も多く頂きます。iPhoneのバッテリーは基本的には消耗品ですので、充電を繰り返していればいづれは劣化してきます。 特に、本体が異常に熱くなるという場合は、火災・爆発に繋がる危険性もありますので注意が必要です。当サイトブログ「火災や爆発に繋がるシグナル!iPhoneが熱い時の対処法」では、電池交換をせずにすぐに自分で出来る対処法を記載していますが、それでも解決しなかった場合は出来るだけお早目にバッテリー交換修理をする事をお勧め致します。
ここをタップして表示Close
iPhone6iPhone6Plus
バッテリー交換(最短30分)6,200円(税込)6,500円(税込)

※表示価格は、部品代・作業代・消費税全て込みの価格です。

iPhone6バッテリー交換修理の手順

STEP.1星形ネジを外す
星形ネジ
まずは星形ネジを外します。ネジがなめ易いので注意して外します。押す力を7、回す力3程度で反時計回りにゆっくり回します。
STEP.2フロントパネルを開く
フロントパネルを開く
ネジが外れたらフロントパネルを開きます。吸盤を付けて上に持ち上げる場合もありますが、このようなヘラを使用する場合、本体に傷が付かないように必ずプラスチック製のものを使用します。この時、フロントパネルを勢いよく開くと、コネクタ部分を破損してしまう恐れがあるので、少しずつゆっくりと開いていきます。
STEP.3各種コネクタを外す
コネクタを外す
ケーブル固定板をプラスドライバーで外すと、液晶画面やデジタイザ、フロントカメラ等とロジックボードを接続しているケーブルのコネクタ部分が出てきます。これらのコネクタ部分を外しますが、金属製のヘラ等を使用するとショートする可能性がある為、必ずプラスチック製のヘラやセラミックス製のマイナスドライバー等を使用します。
STEP.4バッテリーコネクタを外す
バッテリーコネクタ
写真のコネクタ固定板を外すと、バッテリーとロジックボードを接続しているコネクタが出てきますので、それを外します。
STEP.5バッテリーを外す
iPhone6バッテリー
バッテリーコネクタを外したら、バッテリーが単体の状態となりますが、バッテリー下部に両面テープが貼られているので、テープのベロを引っ張って両面テープを剥がします。iPhone6の場合は両面テープが2枚貼られているので、2枚とも剥がします。 但し、テープは切れやすいので、途中で千切れてしまった場合はヘラ等をバッテリー下部に入れてテコの原理で取り外します。その際は、ロジックボードを触らないよう十分気を付けて外します。
STEP.6バッテリー交換・組み立て
バッテリーの取り外しが出来たら、新しいバッテリーに両面テープを貼り、本体に貼り付けます。その後は組み立て作業となります。

バッテリー交換をご依頼されたお客様の声

充電する時に本体がとても熱くなる為、iPhone6Plusの電池交換を依頼しました。しばらくの間はあまり気にはしていなかったのですが、ちょっと尋常ではないくらい熱くなってるような気がしたので、怖くなり修理依頼に至りました。修理完了時にその場で確認させてもらいましたが、充電時の熱が全く問題なくなっていました。これで安心して使い続ける事が出来そうです。ありがとうございました。 横浜市 男性
まだ買って半年位なのですが、電池の減りが悪くて困っていました。ネットで調べたらバッテリー交換が必要だという事が分かってきたので、今回アイフォンプラザ横浜本店さんに交換をお願いしました。とても丁寧な対応で、お願いして本当に良かったと思います。 海老名市 女性
iPhone修理受付

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top