iPhone

iPhone14とプロのカメラの違いとは?ビデオも進化してます!

先日、iPhone14シリーズが発売されました。
毎年新しい機種が発売されるiPhone。
日本人の半数がiPhoneを利用していると言われています。
その魅力のひとつはスマートフォンとは思えない高性能なカメラでしょう。
今回はiPhone14シリーズのカメラ機能について解説します。

iPhone14とiPhone14 Pro、カメラの性能の違いは?

□iPhone14とiPhone14 Pro、カメラの性能の違いは?

実は、iPhone14シリーズからカメラの性能が飛躍的に伸びています。
特にiPhone14 Proは現行モデルと比較して圧倒的な質を誇っています。

*iPhone14 Proのカメラ性能

iPhone14までは画素数が12MPだったのに対して、iPhone14 Proは画素数が48MPです。
この数字は大きくなればなるほど画質が良くなりますから、いかに高画質か数字を見ればよく分かります。

またiPhone14 Proには望遠がついていて、遠くの被写体を撮影するのに最適なカメラになっています。

ナイトモードポートレートは、センサーも大きくなったため取り込める光の量が多くなり、暗いところでも綺麗な写真が撮れるようになりました。
暗い場所での撮影は、iPhone14 Proシリーズが今までで一番強いでしょう。

*iPhone14とiPhone14 Proで採用された機能

iPhone14 Proには及びませんが、iPhone14も申し分ないカメラ性能を持っています。

iPhone14にもiPhone14 Proにも備えられている機能が「アクションモード」です。
動画を撮影する際にどうしても気になる手ぶれですが、高度な手ぶれ補正で三脚なしでもなめらかな動画を撮影できます。
子どもの運動会など移動の多い撮影も、いまやiPhone一台で安心して挑めます。

□iPhone14 Proシリーズのビデオの進化ポイント

iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxではビデオにも新しい機能がつきました。

ひとつは前述したアクションモードです。

もうひとつはiPhone14 ProとPro Maxに搭載された新機能、4K対応のシネマティックモードです。
iPhone13でビデオモードに対応していた4K画質ですが、iPhone14 Proから、シネマティックモードでも対応するようになりました。

シネマティックモードは、ピントを合わせる人物を自動認識するオートフォーカスを採用して動画を撮影できる機能で、iPhone13シリーズで人気を呼びました。
背景を綺麗にぼかすことで初心者でもプロのような動画を撮ることができるのが魅力です。

そんなシネマティックモードにもついに4K画質が搭載されて、映画のような臨場感あふれる動画がさらに手軽に撮れるようになりました。

カメラ機能の精度の高さを重視するなら、iPhone14 Proシリーズが圧倒的におすすめです。

iPhone14 Proシリーズのビデオの進化ポイント

□まとめ

今回は、さらに進化したiPhone14シリーズのカメラの性能についてご紹介しました。
iPhone14シリーズは動画撮影に強い優秀な手ぶれ補正が叶う、アクションモードが全機種につきました。
またiPhone14 Proシリーズではカメラ機能がさらに進化し、高画質化、望遠、ナイトポートレートモードが採用されました。

カメラ機能の進化にますます磨きがかかるiPhone。
初心者でも理想の写真を手元のスマホひとつで撮れるのはうれしいですよね。
当社ではiPhoneに詳しい従業員が査定をしております。
さらに気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top