iPhone

故障したiPhoneは売る方が良い?売った後にどうなるのかも解説!

iPhoneが故障してしまった場合、いくつか対処法があります。
修理ももちろん1つの手ですが、買い替えることが多いのではないでしょうか。
手元に残ったiPhoneは同時に売ってしまえたら、新しいiPhoneの軍資金にできます。
本記事では、売った後のiPhoneがどうなるのかを解説します。

売られたiPhoneの行方

□売られたiPhoneの行方

*修理、リユースする

壊れたiPhoneでも売れるのは、修理して、外見や使用感を復元できるからです。

割れた画面を変えたり、中の部品を使えるようにしたり、壊れたiPhoneも修理すれば使えるようになることがあります。
元のように綺麗な状態に戻ったiPhoneは、誰かの手に渡って再使用されます。

*分解して部品を再利用する

1パーツでもまだ使える部品があれば、別のiPhoneの修理の際に再生利用できます。
iPhoneのパーツは需要が高いので、壊れていてもお買取りいたします。

当社は自店に修理、分解などを得意とする従業員がおりますので、修理のコストを抑えられます。
これが高額買取の理由の1つです。

*海外にも需要がある

iPhoneの部品は海外でも需要が高まっています。
修理ができないiPhoneも、部品が綺麗ならそのまま海外に買い取られます。

□故障したiPhoneを高く買い取ってもらうには

いざ壊れたiPhoneを売ることにしたとき、もちろん値段は高くついた方が嬉しいですよね。
実はiPhoneを高く売るのにも、ちょっとしたコツがあるんです。
意外に簡単なので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

*付属品をできる限りそろえる

iPhoneを購入した際の付属品は、そろっているほど高値が付きます。
足りない付属品は売却先が買って補わないといけないので、その分どうしても安くついてしまう場合があるのです。

付属品は、iPhone Xシリーズ以前の機種はiPhone本体、箱、ライトニングケーブル、電源アダプター、有線イヤホン、マニュアルがそろっているのが理想です。
それ以降は付属品が機種によって変わってきます。
詳しくはapple公式で機種ごとに調べられます。
もちろんすべてそろっていないといけないというわけではありません。
値段が高くなる可能性があるので、保管してある付属品はぜひそろえて持ってきてください。

*apple careを使って修理する

Appleが公式で提供している保障サービス、apple care。
iPhone購入時に加入している方も多いのではないでしょうか。
このサービスを使って修理しておくと、ジャンク品の扱いから中古美品にランクが上がりる可能性があります。
当然美品ですと買取の値段も上がりますから、少しでも高い値段で売りたい方は修理を検討してみてください。

*iPhoneの分割払いを完済する

iPhoneを各種キャリアと契約する際に決めた月々の分割払いを売る前に完済しておくと、買取の値段が上がります。
契約した時点でそのiPhoneの所有権は契約会社にあるからです。
分割払いを滞納してしまうと急に利用できなくなる可能性があり、少しでもその危険を減らすため、本体代の支払いが完了しているiPhoneは値段が高くなることがあります。

故障したiPhoneを高く買い取ってもらうには

□まとめ

今回は売られたiPhoneの行方と、iPhoneを高値で売るコツをご紹介しました。
持っているiPhoneが高く売れればその分、買い替えるiPhoneの軍資金にするなど選択肢が広がります。
ぜひこの記事を参考にしてみてください。
当社はiPhoneの買取を専門としています。
iPhoneの買取に詳しい専門の従業員が査定をしています。
iPhoneの売買に不安な方、分からないことがある方はお気軽にお問い合わせください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top