iPhone

iphone下取り前のデータ移行の仕方を解説します!

iphoneを下取りに出す前に、データ移行をしますよね。
何度かデータ移行をしたことのある方でも、久しぶりにするデータ移行はちゃんとできるか心配になります。
そこで今回は、iphone下取り前のデータ移行の方法を解説します。
また、LINEやSuicaのデータ移行についても解説します。

iphone下取り前にするデータ移行には複数の方法があります!

□iphone下取り前にするデータ移行には複数の方法があります!

iphone下取り前にデータ移行をしておかなければ、新しいiphoneはスムーズに使えません。
アプリまたはアカウントごとにデータ移行をする必要があるものもありますが、まずはiphone自体のデータ移行方法を解説します。
個別のデータ移行をした後に、行ってみましょう。

データ移行は、iTunesやiCloudを使うことで行えます。
ただし、iTunesでのデータ移行に慣れていない方は、複雑に感じるでしょう。
また、iCloudで全データを移行すれば、容量不足が起きる可能性があるため、注意が必要です。

これらの方法以外には、バックアップソフトがあります。
それには、バックアップの破損を阻止できるものもあります。

□データ移行の際にアプリまたはアカウントごとにしておくべきことを解説します!

上記のいずれかの方法から、iphone自体のデータが移行できるでしょう。
しかし、このままでは新しいiphoneにデータを引き継げていないものがあります。
それらのデータ移行の流れを解説しますので、下取り前に忘れずに行っておきましょう。

1つ目は、LINEです。

まずは、トーク履歴をバックアップしましょう。
古いiphone でLINEアプリを開き、「ホーム」を選択します。
「設定」を押し、「トーク」を開きましょう。
そして、「トークのバックアップ」の中の「今すぐバックアップ」を押します。

次は、アカウントを引き継ぐ準備です。
古いiphone でLINEアプリを開き、「ホーム」を選択します。
「設定」を押し、「アカウント」を開きましょう。
ここで、上部に表示されたメールアドレスやパスワードが最新版になっているか見てみましょう。

そして、実際にアカウントを引き継ぎ、トーク履歴を復元しましょう。
新しいiphoneでLINEアプリを開き、「電話番号でログイン」を押し、SMSで送られた認証番号を入力します。
パスワードを入力します。
その後、「トーク履歴の復元」を押すと、新しいiphoneで問題なくLINEが使えるでしょう。

2つ目は、Suicaです。
引継ぎ後も同じカードを使おうとしても、事前に準備をしておかなければSuicaを新規登録しなければなりません。
そのため、まずは古いiphoneに登録されているSuicaを削除しましょう。
そして、新しいiphoneでSuicaを登録し直します。

データ移行の際にアプリまたはアカウントごとにしておくべきことを解説します!

□まとめ

この記事では、iphone下取り前のデータ移行の方法を解説しました。
iTunesやiCloudでデータ移行したり、バックアップソフトで行ったりできます。
また、LINEやSuicaのデータ移行についても解説しました。
iphone自体のデータ移行をする前に、これらを忘れず行っておきましょう。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top