iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

iPhone

iTunesでバックアップを取る際のパソコンの容量について解説します!

容量不足でバックアップが作成できない経験をした方はいらっしゃいませんか。
パソコンを用いてバックアップを作成する際の容量について気になりますよね。
そこで、今回はiTunesでバックアップに必要なパソコンの容量はどれくらいか解説します。
また、iTunesでバックアップできない原因と対処法も併せてご紹介します。

iTunesでバックアップに必要なパソコンの容量はどれくらい?

□iTunesでバックアップに必要なパソコンの容量はどれくらい?

これからご紹介する容量は一例であるため参考程度にしてくださいね。
現在では、端末のアプリはバックアップされないため、比較的少しの容量で行えます。
例えば、約40GBのデータのバックアップを作成すると、4から5GB程度に収まります。

以前ではアプリ本体のデータのバックアップも作成していました。
そのため、iPhoneの使用量の約2倍のデータが必要でした。
仮に、256GBの容量の端末だとその分必要な容量も大きくなります。
お持ちのiPhoneによって異なるため、参考にしてくださいね。

□iTunesでバックアップできない原因と対処法とは?

*バックアップできない原因とは?

1つ目は、最新のiTunesを使用できていないことです。
アプリのアップデートを行う必要があるため、日々確認しておきましょう。
また、それと同時にiPhoneの端末自体のアップデートができていないケースがあります。
iOSを最新にしておきましょう。

2つ目は、パソコンの容量不足です。
パソコンも容量が不足しているとバックアップを作成できません。

3つ目は、セキュリティソフトが干渉していることです。
セキュリティソフトがバックアップの手続きを妨げている可能性があります。
そのため、確認しておきましょう。

*バックアップできない際の対処法とは?

1つ目は、アップデートを行うことです。
先ほどもご紹介しましたが、アップデートが原因でできなかったケースは少なくありません。
まずはアップデートを確認しておきましょうね。

2つ目は、パソコンやiPhoneを再起動させることです。
一時的な何らかの不具合でバックアップを作成できなかった場合、再起動すると解決しますよ。
原因不明でできなかった際には、再起動させると良いですよ。

3つ目は、セキュリティソフトを無効にすることです。
セキュリティソフトが原因でバックアップを作成できなかったケースもあるため、無効にしておきましょう。

iTunesでバックアップできない原因と対処法とは?

□まとめ

今回はiTunesでバックアップに必要なパソコンの容量についてご紹介しました。
また、バックアップできない時の対処法も併せてご紹介しました。
当社では、Apple製品の買取を行っております。
買取に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご相談くださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top