iPhone

水没したiPhoneのデータを復旧することは可能?すぐにできることもご紹介!

iPhoneが水没した際にデータを復旧できるのか、気になりますよね。
ここでは、水没した時に役立てられる知識をお伝えします。
今回はiPhoneが水没した際にデータを取り出せるのか解説します。
また、水没したiPhoneにすぐできる対処法とNGな方法も合わせてご紹介します。
そのため、iPhoneをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

水没したiPhoneからデータは復旧できる?

□水没したiPhoneからデータは復旧できる?

iPhoneが水没してもデータが必ず消えるわけではありません。
しかし、場合によってはデータが消えてしまう可能性は高くなります。
例えば、ショートしてデータが関わる部品に傷が入ってしまった際は消えてしまうでしょう。
水没した場合でも、データを復元できる可能性はあります。

*iPhoneが水没した際には修理に出す

水没した端末をそのまま使い続けるとリスクが大きいです。
水には必ず不純物が含まれています。
そのため、放置して水が蒸発してしまうと不純物が残ってしまいます。
その不純物が部品を損傷させ、データが消えてしまうケースは少なくありません。

また、不純物が原因以外でも水分による錆によって損傷するケースもあります。
適切な方法で乾かさなければ、データに危害が及ぶため注意が必要です。
ご自身のiPhoneが水没した際は、まず修理業者へ持って行くと安心できるでしょう。

□水没したiPhoneにすぐできる対処法とNGな方法とは?

まずは水分を拭き取りましょう。
水没した直後であるならば、可能な範囲で水分を取る方がリスクは下がります。

2つ目は、iPhoneの電源をつけないようにすることです。
電源を入れてしまうと、内側に電気が通ります。
もし、不純物が残っている状態であるとショートしてしまう恐れがあります。
また、同じく充電も電気を走らせるため避けた方が良いでしょう。

3つ目は、中の水を無理に取り出そうとはしないことです。
水没した際にドライヤーで乾かそうとする方は多くいらっしゃいます。
しかし、水没したiPhoneにドライヤーで乾かすことはしてはいけません。
その理由は送風によって余計に水分が広がる可能性があるからです。

ドライヤー以外にも端末を振って水分を取り出そうとする方もいらっしゃいます。
これも同様にデータを損傷させる危険な行為ですので、避けておきましょう。

水没したiPhoneにすぐできる対処法とNGな方法とは?

□まとめ

今回は水没したiPhoneからデータを取り出せるのか解説しました。
また、すぐできる対処法とNG方法もご紹介しました。
水没した際は速やかに修理業者へ持って行くと良いでしょう。

当社では、Apple製品の買取りをしております。
修理の他にも売却する手段もあるので、お気軽にご連絡ください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top