iPhone

iTunesとiCloudのバックアップの違いとは?使い分けも解説します!

iPhoneのバックアップの取り方には主に2種類の方法が存在します。
iCloudによるバックアップとiTunesによるバックアップです。
そこで、今回はiCloudとiTunesのそれぞれのバックアップ方法を紹介し、違いを解説します。
また、2つのバックアップの使い分けについても合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

iCloudとiTunesのバックアップ方法とは?

□iCloudとiTunesのバックアップ方法とは?

*iCloudのバックアップ方法を解説

このバックアップの方法はiPhoneの端末から実行できます。
以下のような手順でバックアップできます。
・ホーム画面から設定アプリを開く
・iCloudをタップ
・バックアップを選択
・iCloudバックアップをオンにする

また、iCloudのバックアップでは、自動的にできる機能があります。
手動でももちろん実行できますが、自動にすると楽に行えますよ。
ただし、以下のような条件が整っている必要があります。
・充電されている状態であること
・スリープ状態であること
・Wi-Fiに接続されていること

*iTunesのバックアップ方法を解説

この方法ではバックアップする対象の端末の他にパソコンが必要です。
iPhoneとパソコンをケーブルで繋いで行う方法です。
iTunesのバックアップ方法では以下の手順により行えます。
・パソコンでiTunesアプリを開く
・デバイスの設定画面を選択
・今すぐバックアップを選択

以上がiTunesによるバックアップです。

iCloudのバックアップ方法ではインターネット上にデータを残す方法です。
そのため、iPhoneがあればいつでもどこでもアクセスできます。
一方で、iTunesのバックアップはパソコンを用意する必要があります。
少々手間が掛かりますが、iCloudよりも低コストで実行できますよ。

□両者の使い分けはどう行えば良い?

iTunesのバックアップは、機種変更を行う時に良い方法でしょう。
パソコンには大容量のデータを残せるため、ほぼすべての写真や音楽などのデータを保管できます。
容量に気にせず、安心して行えますね。

iCloudで行うバックアップは日常的に行うバックアップとして最適です。
しかし、容量に制限があるため大量のデータがある場合は注意しなければなりません。
また、先ほど紹介した通り、iCloudでは自動的にバックアップを行える機能があります。
日常的にバックアップを気にしないで良いため、おすすめです。

両者の使い分けはどう行えば良い?

□まとめ

今回はiCloudとiTunesのそれぞれのバックアップの違いについて解説しました。
ご自身の状況に合わせてバックアップを取ると良いでしょう。
当社では、iPhoneをはじめとするApple製品の買取りを行っております。
ジャンク品でも残債商品でもお取り扱い可能ですので、お気軽にご相談くださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top