iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

iPhone

iPhoneをお持ちの方必見!リンゴループでバックアップをとっていない時の対処法とは?

リンゴループはiPhoneの、故障の一つとしてよく知られています。
リンゴループを経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回はバックアップをとっていない時のリンゴループの対処法を主に解説します。
また、リンゴループが起きる原因も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

バックアップをとっていない時のリンゴループの対処法とは?

□バックアップをとっていない時のリンゴループの対処法とは?

*iTunesに接続して解消させる

パソコンをお持ちの方は、iTunesをダウンロードして試すと良いでしょう。
その際には、iPhoneとパソコンをケーブルで接続する必要があります。
端末のアプリの不具合であれば、リンゴループが解消される可能性があります。

ただし、リンゴループが解消された際にデータが破損している場合もあります。
その場合は、パソコンにデータをバックアップしている状態であれば、復元できます。

*シェアウェアを利用してみる

シェアウェアのツールはウイルス感染のリスクがあるため、使わない方が良いという声もありますが、役に立ったという声があるのも事実です。

シェアウェアのツールはほとんどが有料なので、それでも試してみたいという方は試してみると良いでしょう。

□リンゴループが起きる原因とは?

1つ目は、アップデートの失敗です。
アップデートを行う際には、充電中やWi-Fiへの接続状態が条件である場合があります。
一つでも欠けてしまうと、アップデートに失敗する可能性があり、それが原因でリンゴループになると考えられます。

2つ目は、データの空き容量不足です。
データの空き容量が少なくなると、アップデートや起動のようなプログラムを作動させる際に必要な容量が確保できなくなり、リンゴループを起こしてしまいます。

3つ目は、起動ファイルの破損や端末の部分破損が挙げられます。
電源をつける際、起動ファイルを読み込みます。
そこで、ファイルが破損しているとリンゴループが生じてしまいます。

また、端末の部品自体の破損に関しても同様に、起動時のシステムチェックで正常に作動していないと判断された場合、システム全体が作動しなくなる可能性があります。

4つ目は、バッテリーが劣化していることです。
バッテリーが劣化していると正常にシステム起動できなくなります。

リンゴループが起きる原因とは?

□まとめ

今回はバックアップをとっていない時のリンゴループの対処法を紹介しました。
リンゴループが起きる場合には何らかの不具合が生じています。
そのため、できるだけ早い対処が求められます。
当社では、主にiPhoneの買取りを行っております。
ジャンク品でも構いませんので、まずはお気軽にご相談ください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top