iPhone

iphoneの下取りで個人情報がもれる危険性はある?安全に売却する方法を解説!

下取りをする前にiphoneを安全に売るための事前準備を知りたいですよね。
そこで今回は、iphoneの下取りの際に行うべき対策や下取り前の注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

iphoneにおける個人情報の漏洩リスクについて

☐iphoneにおける個人情報の漏洩リスクについて

下取りする際には、使用しているiphoneから個人情報をしっかりと消す必要があります。
この作業を初期化というのですが、まれにこの作業をせずに売却して個人情報が漏らされたという被害があります。
そのため、下取りをする際には事前準備としての初期化と信頼できる買取業者選びが肝心です。

初期化とは、iphone本体から個人情報や写真、アプリのデータなど全ての情報を消去する作業のことを言います。
また、初期化と同じくiCloudからのサインアウトもしっかりと済ませておきましょう。

さらに、先述した通り信頼できる買取先を選ぶことも肝心です。
非常に少ない例ではありますが、顧客のデータを抜き取るような悪徳な会社もあります。

もちろん初期化をしておけばこうした被害に遭うことはありませんが、安心できる買取先を選ぶことは非常に重要ですね。
事前によくリサーチしておきましょう。

☐iphoneを売却する時の注意点とは?

ここでは、iphoneを売却する際の注意していただきたいポイントを解説します。

1つ目は、アクティベーションロックを解除することです。
アクティベーションロックは、iphoneを紛失してしまった時に誰かに悪用されないように保護するためのシステムのことです。
この機能を売却時にオフにしていないと端末に自分のデータが残ってしまう状態になったままです。
そのため、アクティベーションロックはしっかりと解除しておきましょう。

2つ目は、初期化です。
前章でも解説した通り、iphone本体のデータを完全に削除するために初期化を行いましょう。
この作業を行わずに下取りに出してしまうと個人情報が抜き取られる危険性があるので、忘れずに行ってくださいね。

3つ目は、SIMカードの抜き取りです。
SIMカードは、利用しているキャリアと契約した際にiphone本体に差し込むカードのことです。
契約した際の情報が入っているので、SIMカードは忘れずに抜いておきましょう。

iphoneを売却する時の注意点とは?

☐まとめ

今回は、下取りの際にiphoneの個人情報を守るための方法や下取りでの注意点について解説しました。
ご自身で行う事前準備をしっかりと済ませて安全に下取りを行いましょう。
なにか参考になることがありましたら幸いです。
また、なにかこの記事に関して疑問点がございましたらお気軽に当社までご連絡ください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top