iPhone

iPhoneの画面が固まる方へ!実践してみて欲しい対策方法をご紹介します

iPhoneの画面が固まってお困りの方は少なくありません。
固まってしまう原因や対処方法を知っておくことで早急に対応できますよね。
そこで、今回はiPhoneの画面が固まった時の原因と対処方法を解説します。

iPhoneが固まる原因を解説!

□iPhoneが固まる原因を解説!

まずは、アプリが重かったり、アプリを起動しすぎている場合があります。
アプリが複数バックグラウンドで起動している状態で思いアプリなどを使用しようとした際に、メモリが不足し、固まるケースがあります。
特に、最新のiPhoneでない方はメモリが少なく、このような状況になりやすいため、注意しましょう。

また、iOSのバージョンやアプリなどのソフトウェアのバージョンが最新ではない場合も固まる原因になります。

さらに、iPhone本体に問題がある場合も固まる原因になります。
端末を落としたり、水没させたりしてしまった際の、衝撃で固まる場合、本体に何らかの問題が生じている可能性が高いため、注意してください。

□iPhoneが固まった時の対処方法を解説!

iPhoneの固まった時の対処方法は6つをご紹介します。

1つ目は、iOSのバージョンアップです。
iOS のバージョンが古いと不具合が起きやすいです。
そのため、常に最新のバージョンを使用することをおすすめします。

2つ目、保護フィルムを剥がすことです。
画面がフリーズしたり、タッチパネルの反応が鈍かったりして困る際は、画面の保護フィルムが影響している可能性があります。
保護フィルムを貼っている場合は、フィルムを剥がして反応を確かめるのも良いでしょう。

3つ目は、強制終了です。
固まる原因がよく分からない時は、本体を一旦強制終了すると直る場合があります。
強制終了の仕方は機種によってことなるため、強制終了する際は、方法を確認してから試してみましょう。

4つ目は、アプリの削除です。
特定のアプリを使用している時に固まることが多い場合、そのアプリを削除してみましょう。
また、どのアプリが原因か分からない時は、バックグラウンドで動作しているアプリを削除してみると直る可能性があります。

5つ目は、初期化です。
ここまでに紹介した対策でも改善しない場合は、iphoneの初期化を行いましょう。
初期化する際は、必ず事前にデータのバックアップをしておきましょう。
初期化は出荷時の状態に戻す作業であるため、注意してください。

6つ目は、バッテリー交換です。
固まる原因がバッテリーの不具合の場合は、バッテリーを交換する必要があります。
保証適用内か、保証適用外かによって、バッテリー交換の料金は大きく変わってくるため、注意しましょう。

iPhoneが固まった時の対処方法を解説!

□まとめ

iPhoneの画面が固まった時の原因と対処方法を解説しました。
iPhoneを操作している時に固まってしまった場合、対処方法を知っておくことでスムーズに対応できるでしょう。
ぜひ本稿を参考に対処してみてくださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top