iPhone

iPhoneのホームボタンが壊れたら?同じ症状にならないための予防策も解説

iPhoneのホームボタンの反応が鈍くなったり、壊れたりした経験は珍しくありません。
ホームボタンが壊れたら困りますよね。
ホームボタンの反応に不具合が生じた際の原因やその予防策を知っておくと、便利でしょう。
そこで、今回はホームボタンが壊れた時の原因と予防策を解説します。

iPhoneのホームボタンの不具合について解説!

□iPhoneのホームボタンの不具合について解説!

ホームボタンが反応しなくなってしまった場合でも、故障したわけではありません。
使用しているアプリがフリーズしたことによる不具合の可能性も考えられます。

不具合や違和感を感じた場合は、まず電源ボタンを長押して電源をオフにしましょう。
電源をオフにした状態でしばらく置いてから再び電源をオンにし操作してみてください。
操作してみて不具合を感じなくなった場合、故障ではありません。

また、ホームボタンの反応に不具合が生じている原因は、部品の劣化であることも考えられます。
そのため、劣化によって反応が鈍くなったり、陥没したりします。
さらに、ホームボタンの隙間に砂や埃といった細かいゴミが入ってしまっても反応がおかしくなるケースがあります。
iPhoneのストレージの空き容量がない場合でも、動作を処理する時間がかかり、ホームボタンの反応が遅れます。

ホームボタンを使用する際に、「メリメリ」「バキバキ」音がすることがあった場合は、ホームボタンの隙間に砂や埃が入ってしまい、それがこすれて異音が発生します。
また、異音だけでなく端末自体が壊れる原因にもなります。

□iPhoneのホームボタンが壊れないようにするべき予防策を解説!

ホームボタンが壊れたり反応が鈍くなったりする原因はパーツの消耗が多いです。
しかし、パーツの消耗は防ぎにくい傾向にあります。
ホームボタンが故障しないための予防策としては、iPhoneを落下させないことや熱い場所に置かないこと、埃や砂を入れないことがあります。

iPhoneにバンカーリングや紐付きのiPhoneケースを付けることで落下防止の効果が期待できます。
また、ホームボタンが熱の影響を受けないように、暖房器具の周辺や夏場の自動車の中などには置かないように注意することが大切です。

iPhoneのホームボタンが壊れないようにするべき予防策を解説!

□まとめ

今回はホームボタンが壊れた時の原因と予防策を解説しました。
予防策を実践しておくことで、ホームボタンの寿命が伸び、修理代も抑えられるでしょう。
ぜひ本稿を参考にして、ホームボタンが故障しないように予防策を試してみてくださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top