iPhone

iPhoneのタッチパネルが誤作動を起こす?原因と対処方法について解説します

iPhoneのタッチパネルの誤作動でお困りの方は少なくありません。
誤作動には原因があり、ご自身で対処できる場合もあります。
そこで、今回はiPhoneのタッチパネルの誤作動の対処法について解説します。

ゴーストタッチの概念や原因を解説!

□ゴーストタッチの概念や原因を解説!

ゴーストタッチはiPhoneに触れていなくても、勝手に動く状態のことを指します。
自然と電話がかかってしまい、高額な通話料金になる場合もあり、ゴーストタッチを放置しておくことはリスクがあり、危険です。
そのため、異変があればすぐに対処することをおすすめします。

主な原因は以下の3つがあります。

・ディスプレイの不具合
・ソフトウェアの不具合
・端末の不具合

これらがご自身の携帯に当てはまっているのかを確認しましょう。

□ゴーストタッチの対処法を解説!

ディスプレイが原因の場合、目には見えない傷が原因になっているケースが一番多いです。
iPhoneを落として、目立つほど画面が割れていなくても目には見えない小さな傷で誤作動を起こしてしまいます。
また、水漏れでも基盤が腐食し原因になるケースもあります。
これらに心当たりがある場合は、修理を出すようにしましょう。

また、iPhoneに貼っている保護フィルムに挟まっている気泡や埃が誤作動の原因になることも考えられます。

次に、ソフトウェアが原因の場合は、OSのアップグレードをすると改善されるケースもあります。
古いバージョンのままの場合、アップグレードしてみましょう。
また、システムの不具合も考えられますが、その場合は自力での特定は難しいでしょう。

端末の不具合の場合は、携帯を充電したまま動画を視聴していたり、ゲームを長時間していたりすることが原因の熱暴走かもしれません。
熱によって不具合が起きているため、適度に端末を使わないことが重要です。

不具合の要因で見落としがちなものは、バッテリーです。
特に、バッテリーの膨張に注意しましょう。
バッテリーが何らかの原因で膨張しフロントパネルを圧迫し、ゴーストタッチに繋がる可能性があります。

iPhoneを横から見ると、バッテリーが膨張しているかどうかが分かります。
また、画面に青い線や白い圧迫痕がある場合も膨張していると判断できます。

ゴーストタッチの対処法を解説!

□まとめ

今回は、iPhoneのタッチパネルの誤作動の対処法について解説しました。
対処法を知ることで誤作動から起きるリスクを事前に回避できますよね。
これらの記事を参考に誤作動を対処してみてください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top