iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

iPad

iPadが起動しない、真っ暗な場合の対処方法を紹介します

「iPadが起動しなくて真っ暗の状態で固まってしまった」
このようなデバイスの不具合に直面したことがある方は多いのではないでしょうか。
どのような原因があるのかを知りたいですし、適切な対処方法も知っておきたいですよね。
そこで今回は、iPadが起動しない、真っ暗な場合の原因と対処方法について紹介します。

iPadが起動しなくなった場合に考えられる原因とは

□iPadが起動しなくなった場合に考えられる原因とは

ここではiPadが起動しなくなった場合に考えられる原因を紹介します。
原因を把握しておくことで再発防止に繋げられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

iPadが起動しない場合のパターンは以下の2通りがあります。
パターンごとに考えられる原因を紹介しますね。

まずは電源を入れても画面がつかない場合です。
この場合は以下の原因が考えられます。
・iPadの電池切れ
・電源ボタンの不具合や故障
・画面の故障

電池が切れているために電源が入らなかったり、電源ボタンが接触不良を起こし電源が入れられなくなっていたりという事態は発生しやすいです。
また、画面そのものが故障しているということも考えられるでしょう。

次は、ホーム画面に移行できない場合です。
この場合は以下の原因が考えられます。
・システムの不具合

こちらはアップルのロゴが表示されるのですが、その後ホーム画面に移行できず、再びアップルロゴが表示されるというものです。
この状態に陥ってしまうとホーム画面には移行できません。

□iPadが起動しない場合の対処方法について

ここまではiPadが起動しなくなった場合の原因について紹介しました。
ここからはiPadが起動しなくなった場合の対処方法について紹介します。
現在iPadが起動しなくなって困っている方がいらっしゃったら、ぜひ試してみてください。

まずは電源を落として再起動します。
スリープ/スリープ解除ボタンを長押ししてスライドボタンが表示されたら、再起動を実行しましょう。
スライドボタンが表示されない場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押ししましょう。
強制的に再起動できます。

次は、充電を試してみましょう。
先ほども紹介したように電池が切れていれば電源はつけられません。

これでも直らない場合は、初期化を実行してみます。
初期化をする際には必ずバックアップを取ることを忘れないようにしてください。
バックアップをとっていないと、データが消えてしまうので注意が必要です。

初期化しても直らない場合は潔く修理に出すことをおすすめします。

iPadが起動しない場合の対処方法について

□まとめ

今回はiPadが起動しない、真っ暗な場合の原因と対処方法について、紹介しました。
紹介した内容を実行してみてもiPadの調子が元に戻らない場合は、一度修理に出してみても良いかもしれませんね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top