iPhone

待望の登場!iPhone7でモバイルSuicaを使う方法

待望の登場!iPhone7でモバイルSuicaを使う方法

いよいよ発売されましたiPhone7,7Plus。
今回の注目はなんといってもFelicaへの対応ではないでしょうか。
ガラケー時代から愛用していてiPhoneで諦めた方、FelicaがないからAndroidを使っていた方、そんな方も非常に多いと言われています。


今回はそのFelicaを利用した仕組みの中でも一番利用頻度が高いモバイルSuicaに関して、改めて確認していきます。



Felicaとは


まずはFelicaに対応した!のそのFelicaに関して紹介しておきます。
というのも、当然のように言葉は浸透しているFelicaですが改めて何かと聞かれると答えられる方は多くないのが現状です。知らずに言葉を使うと恥ずかしい使い間違いをすることがありますので、知っておきましょう。
Felicaとはソニーが開発した非接触ICカードで、対応しているリーダー
(読み込み端末)にかざすことで通信を行うことが出来ます。
用途としてはご存知の通り電子マネーやIC乗車券として利用できるだけでなく、大きなオフィスビルで使われている入館IDや社員証にもこの仕組が使われています。ソニーが開発した、ということで驚かれた方もいるのではないでしょうか。


またFelicaは何と言ってもその読み込み速度が特徴と言えます。
イライラした朝のサラリーマンをスムーズに吸い込んでいく様は圧巻ですね。


モバイルSuicaの凄さ


そのFelicaを利用したサービスの中で流通額が一番大きなものがモバイルSuicaだと言えます。一言でいうと一般的なカードタイムのSuicaをモバイル端末のFelicaチップで利用するサービスなのですが、改めて確認すると凄いサービスです。
定期券として、チャージして乗車券として、電子マネーとして、その用途は非常に多岐に渡ります。JR東日本以外で運用されているICOCAやSUGOCA、TOICAなどとは連携が可能で、そのエリアでも利用可能です。
さらに電子マネーとしての利用価値も非常に高く、コンビニやドラッグストア、スーパーから駅の自動販売機、など小銭が必要なシーンでは、特に都心ではほぼモバイルSuicaの決済出来るようになっています。
これはいつも持ち歩いている携帯電話と非常に相性の良いサービスで、結果としてモバイルSuicaを使い出すことで、小銭をごそごそやり取りする手間と、その時間は大きく削減されることになります。
間違いなく、便利なサービスですと言えます。


iPhoneとモバイルSuica


そんな便利なモバイルSuicaですから、これまでの日本のガラケーではこのモバイルSuicaへ対応させることが定番になっていました。
スマホ時代が到来してからも、国産スマホメーカーが開発するandroid端末のほとんどはFelicaを搭載し、このモバイルSuicaが利用できるよう進化していきました。
そんな中でスマホでもiPhoneだけはApple社のみが生産する端末、日本でのみ普及しているFelicaを登載するはずもなく、冒頭でも紹介しました「FelicaがないからAndorid」という一種の選択基準の定番になっていました。
それでもなお、iPhoneとモバイルSuicaを同時に使いたい人のために、iPhoneケースにカード型のSuicaを入れるスペースを用意するパターンも流行りました。見たことがある方も多いのではないでしょうか。
それほど、これまでもiPhoneとSuicaを一緒にしたいというニーズは非常に高く、今回のiPhone7、7PlusでFelicaに対応したことは本当に凄いことだと言えます。


iPhone7,7PlusでモバイルSuicaを使う方法


では実際にその使い方を予習しておきましょう。
iPhoneでモバイルSuicaを使う場合、ガラケーやAndroid端末のようにモバイルSuicaのアプリを入れるのではなく、ApplePayの機能の1つとして利用することとなります。
その中で1つ気をつける点として、ApplePay自体が日本では10月下旬の対応と言われていますので、端末が手に入ってもモバイルSuicaを利用できるようになるにはもう少し待つ必要があります。


ApplePayにSuicaを読み込ませる方法


非常にシンプルな方法で設定が可能です。
持っているカード型のSuicaを机の上などに置き、その上にiPhone7,7Plusを重ねます。
そうすることでFelicaのチップがSuicaを読み込み、カードの情報がiPhone側に転送されます。この時点でもうカードを持ち歩く必要はなくなります。
もちろん、設定されているクレジットカードを使ってiPhoneの操作だけでチャージも可能。さらには今後オートチャージにも対応すると言われています。
簡単ですね。


利用できるようになるのが非常に楽しみです。


最後に


いかがでしょうか。
今回はモバイルSuicaだけを紹介しましたが、IDやQuickPayにも対応しています。これからどんどん対応する電子マネーが増え、iPhoneがFelicaに対応した価値はさらに高くなっていくでしょう。


URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top