iPhone買取価格

iPhoneXs・Xs Max買取価格

iPhoneXs・Xs Max買取相場最新情報

iPhoneXs及びXsMaxの最新お買取価格につきましては、ご利用予定の店舗まで直接お問い合わせ頂くか、オンライン査定をご利用ください。

iPhoneXs Max 512GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

iPhoneXs Max 256GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

iPhoneXs Max 64GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

iPhoneXs 512GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

iPhoneXs 256GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

iPhoneXs 64GB買取価格

国内キャリア版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版

スペースグレイ
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
ゴールド
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:
シルバー
買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

各店舗によってお買取基準や価格に違いが出る場合がございますので、詳しいお買取価格をお知りになりたい場合は、ご売却希望の店舗へ直接お問い合わせ下さい。

iPhoneXs豆知識

iPhoneXSは日本時間の2018年9月13日午前2時にAppleの新製品発表イベントで発表、9月21日から販売されたモデルで、2017年同時期に発表されたiPhoneXの進化版と言える端末です。

高級路線と呼ばれたiPhoneXよりさらに高い価格帯となり、[それに見合う価値があるか否か]が話題になった端末です。

iPhoneXSスペック情報

外観的な要素

  • 画面サイズ:2,436 × 1,125の5.8インチ
  • 端末サイズ:高さ143.6mm, 幅70.9mm, 厚さ7.7mm
  • 重さ:177g
  • コネクタ:8ピン
  • カラー:スペースグレイ /シルバー /ゴールド

外観的な要素としては、iPhoneXとの比較で見ると、

  • 「ノッチ(カメラやセンサーが搭載されている画面上部の凸部)は継続。
  • 画面サイズはスペック上の端末サイズは同一
  • 重さはわずか3gだけXSの方が重い
  • ゴールドカラーの追加
が主な差分となります。

ノッチについては賛否が分かれますが、iPhoneXの発売以降、android端末の多くでも採用され、ある種[最新高級端末のステータス]のようにも扱われていますね。

Appleの公式画像もノッチが分からないような黒背景の画面を当てていますので、ノッチがデザイン的に美しい、というより技術的な限界で残っている印象はまだありますね。

当然、iPhone8以前のような物理ホームボタンはなく、端末のロックはFace IDで外す形となります。

iPhoneX以前のモデルとなるiPhone8,iPhone8Plusと比較すると、端末自体の重さや大きさはiPhone8以上、iPhone8Plus未満といったレベルです。

システム的な要素

  • CPU:A12チップ
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式:FDD-LTE, TD-LTE, TD-SCDMA, CDMA EV-DO Rev.A, UMTS, HSPA+, DC-HSDPA, GSM
  • テザリング:対応
  • 指紋認証:非対応
  • Face ID :対応
  • Touch3D:対応
  • NFC :対応
  • 背面カメラ:1200万画素(広角と望遠のデュアル)
  • 前面カメラ:700万画素
  • 防水・防塵:対応
  • 容量:64GB / 256GB /512G
  • Qi:対応

まずCPUについては、A12チップを搭載。先代のA11と比較しCPU性能が15%向上、GPU性能が50%向上していることに加え消費電力も少なくなっているとのこと。 iPhoneX同様にQiやNFC・防塵防水に対応。iPhoneXになかったものとしては512Gの容量モデルが追加されています。もはや一般的なノートパソコン以上の容量とスペックと言えるでしょう。

またスペックで見るとiPhoneXとカメラ機能に差分はありませんが、内部的な進化は大きく、

  • 「スマートHDR機能」と呼ばれるより明部と暗部のコントラストが精細に見える写真の撮影
  • ポートレートモードの撮影後のボケレベルの修正(iPhoneXもOSアップデートで対応)
  • ゼロシャッターラグと呼ばれる「シャッターを押す前にも仮撮影を繰り返しておく」ことで高度な写真を素早く撮影
といった機能が組み合わされ一眼レフのような本格的な写真を気軽に取ることができます。

発表時に斬新だった機能

あまり斬新、と言える機能は搭載されずiPhoneXの正当進化版の端末となります。しかしながらカメラ機能や液晶、端末の質感など1つ1つが確実に進化しており「スペックで見るより使った方が進化を感じられる」と言われている端末となりました。

支持されているポイント

やはりSNS、インスタの流行によりカメラ機能に拘る方は多いと思います。その中で、androidを含めた全スマホと比較してもカメラ機能については2018年9月時点でトップと言える端末です。特にポートレートモードの撮影と、そのあと調整機能については「羨ましい」と周りに思わせるレベルに到達しています。


iPhoneXs Max豆知識

iPhoneXS MAXは日本時間の2018年9月13日午前2時にAppleの新製品発表イベントでiPhoneXSと同時発表、9月21日から販売されたモデルで、iPhoneXSに対するこれまでの呼び名だと[Plus]モデルにあたる大型ディスプレイ端末です。

歴代iPhoneの中でも最も大きな画面サイズにフル機能を搭載、最も高価な価格帯を採用し、その「MAXさ」が大きく話題になりました。

iPhoneXS MAXスペック情報

外観的な要素

  • 画面サイズ:2,688 × 1,242の6.5インチ
  • 端末サイズ:高さ157.5mm, 幅77.4mm, 厚さ7.7mm
  • 重さ:208g
  • コネクタ:8ピン
  • カラー:スペースグレイ /シルバー /ゴールド

見た目のデザインについては、iPhoneX、iPhnoeXSと同じノッチ付きベゼルレスのデザイン。 ただし、とにかく大きい端末です。画面サイズはiPhone 8 Plusと比較してもさらに大きくなっています。 とはいってもベゼルレスデザインとなりますので、iPhone8 Plusと比較し「画面サイズは大きくなったが全体の端末サイズは同レベル」に抑えられています。重さも5g程度しか変わりません。

ベゼルセスでiPhone8 Plusの大きさですのでインパクトは絶大です。

ノッチについては賛否が分かれますが、iPhoneXの発売以降、android端末の多くでも採用され、ある種[最新高級端末のステータス]のようにも扱われていますね。

Appleの公式画像もノッチが分からないような黒背景の画面を当てていますので、ノッチがデザイン的に美しい、というより技術的な限界で残っている印象はまだありますね。

当然、iPhone8以前のような物理ホームボタンはなく、端末のロックはFace IDで外す形となります。

片手というより両手で扱う端末サイズになりますので、ホームボタンの廃止とは相性がいいとモデルです。

システム的な要素

  • CPU:A12チップ
  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式:FDD-LTE, TD-LTE, TD-SCDMA,CDMA EV-DO Rev.A, UMTS, HSPA+, DC-HSDPA, GSM
  • テザリング:対応
  • 指紋認証:非対応
  • Face ID :対応
  • Touch3D:対応
  • NFC :対応
  • 背面カメラ:1200万画素(広角と望遠のデュアル)
  • 前面カメラ:700万画素
  • 防水・防塵:対応
  • 容量:64GB / 256GB /512G
  • Qi:対応

システム的な要件はiPhoneXSと同じとです。 まずCPUについては、A12チップを搭載。先代のA11と比較しCPU性能が15%向上、GPU性能が50%向上していることに加え消費電力も少なくなっているとのこと。 iPhoneX同様にQiやNFC・防塵防水に対応。iPhoneXになかったものとしては512Gの容量モデルが追加されています。もはや一般的なノートパソコン以上の容量とスペックと言えるでしょう。

またスペックで見るとiPhoneXとカメラ機能に差分はありませんが、内部的な進化は大きく、

  • 「スマートHDR機能」と呼ばれるより明部と暗部のコントラストが精細に見える写真の撮影
  • ポートレートモードの撮影後のボケレベルの修正(iPhoneXもOSアップデートで対応)
  • ゼロシャッターラグと呼ばれる「シャッターを押す前にも仮撮影を繰り返しておく」ことで高度な写真を素早く撮影
といった機能が組み合わされ一眼レフのような本格的な写真を気軽に取ることができます。

大画面で見る高性能の写真は迫力十分、写真も存分に楽しめる端末と言えますね。

発表時に斬新だった機能

なによりもその大きさです。以前7インチのタブレットであるNexus7が流行ったことも記憶に新しいですが、それに迫る6.5インチの画面サイズ。画面サイズは一昔前のタブレットレベルと言えるでしょう。 そこに、ただ大きいだけでなく有機ELの美しい液晶が搭載されておりインパクト大のモデルとなりました。

支持されているポイント

動画や写真を大画面で楽しみたい方、iPhoneXSのサイズでは物足りない方に最適な端末となります。特にこれまで「とにかく大きなスマホ」の条件で見るとandroidの方がラインナップが多かったため「とにかく大きなスマホ」 かつ「iPhoneファン」の方には待望の端末となりました。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top