iPhone買取価格

iPhone7 Plus買取価格

iPhone7 Plus買取相場最新情報



本日の買取相場
いよいよ登場!最新機種iPhone7Plusですが、当店では発売日当日から現金でのお買取が可能となっています。発売から間もない為、しばらくの間は相場が安定しないかと思いますので、最新のお買取価格情報については、ご売却希望の店舗まで直接お問い合わせ頂く事をお勧めいたします。

当店なら残債アリでももちろん大丈夫!

現在のところ、7同様、ジェットブラックとブラックが最高値でのお買取が可能となっています。

※現在、iPhone7Plus買取相場の変動が非常に激しい状況の為、一時的にお買取価格の記載を中止しております。最新のお買取価格につきましては、オンライン査定をご利用頂くか、ご利用予定の店舗まで直接お問い合わせ下さい。


iPhone7 Plus 256GB買取価格


国内キャリア版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:



iPhone7 Plus 128GB買取価格


国内キャリア版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:



iPhone7 Plus 32GB買取価格


国内キャリア版



ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


iPhone7Plusの中古及びSIMフリー版お買取価格につきましては、オンライン査定をご利用ください。尚、未開封のSIMフリー版は、お買取時に購入証明書が必要となります。購入証明書をお持ちでない場合、開封した後に端末のチェックが必要となりますので予めご了承下さい。



iPhone7 Plus豆知識


iPhone7 Plusスペック情報


iPhone7 plusは2016年9月8日にAppleのイベントで紹介されました。定番となりつつあるPlusシリーズとして3作目。これもiPhone7と合わせ、防水とFelicaに初めて対応したiPhoneとなり、同時に初めてイヤフォンジャックを廃止したiPhoneにもなりました。


外観的な要素


  • 画面サイズ:1,920×1080の5.5インチ
  • 端末サイズ:高さ158.2mm,幅77.9mm,厚さ7.3mm
  • 重さ:188g
  • コネクタ:8ピン
  • カラー:ジェットブラック・ブラック・ローズゴールド・ゴールド・シルバー

画面サイズ、端末のサイズ共に前機種の6sPlusと比べまったく同じサイズで仕上がっています。

同じながら6s→7への進化と同様、4gではありますが軽量化されています。

その他の特徴も大きさ以外はiPhons7と同様で、カラーはスペースグレーがなくなり、ブラックとジェットブラックが追加されています。


ブラックとジェットブラック、同型等で2色のラインナップがありますが、ジェットブラックが特別な位置づけとなっており、鮮やかな光沢のあるブラック(9段階(!)の酸化皮膜処理と研磨加工と発表されています。)になっています。この光沢のあるブラックも7Plusであれば、大きなサイズによってiPhone7よりさらに存在感を感じさせるものになっています。


カラーに高級感があるだけでなく、このジェットブラックのみ、今回一番の小容量モデルである32Gを選ぶことが出来ません。一番小さい容量で128Gからとなります。

これも高級路線の計画なのか、この端末だけ制作コストが高いのか、理由は定かではありませんが、特殊な端末であることに間違いはないでしょう。

しかしながら少し傷つきやすいと報道されているものもありますので、購入の際にはケースと同時に使うことも考えた方が良いかもしれません。


見た目ということで言うと細かいところですが、6sの際に背面にデザインされていた並行な白orシルバー系のラインは、一部で不評があったからか側面に移動しています。


内面的な要素


  • CPU :A10チップ
  • Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式 :LTE(VoLTE,キャリアアグリゲーション)/WiMAX(キャリアアグリゲーション)/W-CDMA/CDMA
  • テザリング:対応
  • 指紋認証 :対応
  • Touch3D :対応
  • 背面カメラ:1200万画素 (4K動画撮影に対応、広角、望遠に対応、光学ズームに対応)
  • 全面カメラ:700万画素(1080pHDビデオに対応)
  • 防水・防塵:IP67

基本的なスペック上昇値は6s→7と同様(7ページへのリンク)、6sPlusと比較すると処理機能の堅実な進化が行われています。

同様の進化が行われているその中でも、7 Plusは7と比べ、カメラの性能が明らかに優れているのが特徴です。

7Plusでは、7に搭載されている広角28ミリ、f1.8のレンズに加え、56ミリ/f2.8の中望遠用レンズをダブル搭載しています。

これにより、より遠くのものでも綺麗に接写することができ、背景をぼかすような写真の取り方も容易になります。iPhoneでのカメラに新たな利用シーンが生まれたと言えるでしょう。


発表時に斬新だった機能


iPhone7同様、イヤフォンジャックの廃止、Felicaや防水への対応、など多くの話題があがったiPhone7Plus。イヤフォンジャックの廃止には否定的な声も多く上がりましたが、Felicaや防水への対応に関して、特に日本のユーザーからは大きな指示を得ています。

特にFelicaは日本向けに出荷されるモデル”のみ”に搭載させた程の特別な機能で、【これがあるからandroid】というユーザーを一気に振り返らせる機種になりました。


支持されているポイント


iPhone7同様、Felicaや防水への対応が選択のポイントとはなるのですが、iPhone7Plusに関してはそのサイズからFelicaのような用途より、この機種ならではの高品質カメラ機能で写真を楽しむユーザーにおすすめの機種と言えます。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top