iPhone買取価格

iPhone7買取価格

iPhone7買取相場最新情報



本日の買取相場
iPhone7Plusと同時に発表された最新機種iPhone7ですが、当店では発売日当日から現金でのお買取が可能となっています。もちろん、割賦残債が残っていても問題ありません。

現時点でのiPhone7お買取相場は、新色のジェットブラックとブラックが最高値となっております。

※現在、iPhone7買取相場の変動が非常に激しい状況の為、一時的にお買取価格の記載を中止しております。最新のお買取価格につきましては、オンライン査定をご利用頂くか、ご利用予定の店舗まで直接お問い合わせ下さい。


iPhone7 256GB買取価格


国内キャリア版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:



iPhone7 128GB買取価格


国内キャリア版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ジェットブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:



iPhone7 32GB買取価格


国内キャリア版



ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

SIMフリー版



ローズゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ゴールド

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

シルバー

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:

ブラック

買取価格
新品未使用:
中古買取価格:


記載されているお買取価格は、新品・中古のそれぞれ上限価格となっております。傷の状態・キャリア・iOSバージョン、付属品の有無等によってお買取価格は変動致します。尚、割れや液晶不良、動作不具合等がある場合は、減額対象となり、不具合箇所によって減額される価格も異なります。 又、各店舗によってお買取基準や価格に違いが出る場合もございますので、出来るだけ詳しいお買取価格をお知りになりたい場合は、ご売却希望の店舗へ直接お問い合わせ下さい。



iPhone7豆知識


iPhone7スペック情報


iPhone7は2016年9月8日にAppleのイベントで紹介されました。機能面として防水とFelicaをiPhoneとして初めて搭載、逆にイヤフォンジャックは廃止、と近年の中では一番と言えるほど大きな変化があった機種となりました。


外観的な要素


  • 画面サイズ:1,334×750の4.7インチ
  • 端末サイズ:高さ138.3mm,幅67.1mm,厚さ7.1mm
  • 重さ:138g
  • コネクタ:8ピン
  • カラー:ジェットブラック・ブラック・ローズゴールド・ゴールド・シルバー

画面サイズ、端末のサイズ共に前機種の6sと比べてまったく同じサイズ、その中でも5g軽量化されているのはさすがです。ただでさえ軽いと言われるiPhoneがさらに軽量化されていくのは凄の一言ですね。素材は6s同様、アルミニウム素材が使われています。


カラーはスペースグレーがなくなり、ブラックとジェットブラックが追加されています。

ブラックとジェットブラック、同型等で2色のラインナップがありますが、ジェットブラックがやや特別な位置付けとなっており、鮮やかな光沢のあるブラックになっています (9段階(!)の酸化皮膜処理と研磨加工と発表されています。)

カラーに高級感があるだけでなく、このジェットブラックでは、今回一番の小容量モデルである32Gを選ぶことが出来ません。一番小さい容量で128Gからとなります。

これも高級路線の計画なのか、この端末だけ制作コストが高いのか、理由は定かではありませんが、特殊な端末であることに間違いはないでしょう。


少し傷つきやすいと報道されているものもありますので、購入の際にはケースと同時に使うことも考えた方が良いかもしれません。
見た目ということで言うと細かいところですが、6sの際に背面にデザインされていた並行な白orシルバー系のラインは、一部で不評があったからか側面に移動しています。

また大きな特徴の1つとしてイヤフォンジャックが廃止されています。


内面的な要素


  • CPU :A10チップ
  • Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式 :LTE(VoLTE,キャリアアグリゲーション)/WiMAX(キャリアアグリゲーション)/W-CDMA/CDMA
  • テザリング:対応
  • 指紋認証 :対応
  • Touch3D :対応
  • 背面カメラ:1200万画素 (4K動画撮影に対応)
  • 全面カメラ:700万画素
  • 防水・防塵:IP67

基本となるプロセッサーチップがA9からA10へ進化、2倍高速化されていると発表されています。実際、様々なメディアが行っているベンチマーキングテストでも、軒並みiPad proを凌ぐ結果を出しているようです。


またカメラは画素数自体に大きな進化はないものの、6sの際は[plus]モデルにしか搭載していいなかった手ブレ補正機能を搭載、レンズも5枚構成から6枚構成へと進化をしています。

そしていよいよ防水やFelicaに対応し、日本でのニーズもくまなく満たすような形で仕上がっていると言えます。


発表時に斬新だった機能


イヤフォンジャックの廃止、Felicaや防水への対応、など多くの話題があがったiPhone7。
イヤフォンジャックの廃止には否定的な声も多く上がりましたが、Felicaや防水への対応に関して、特に日本のユーザーからは大きな指示を得ています。

特にFelicaは日本向けに出荷されるモデル”のみ”に搭載させた程の特別な機能で、【これがあるからandroid】というユーザーを一気に振り返らせる機種になりました。


支持されているポイント


なんといっても特徴と言えるFelicaや防水への対応。2016年9月現在、この機種の選択基準はそこにあります。むしろそこに魅力を感じるユーザーはこの7か、大型モデルの7Plusしか選択肢がないような状態で、iPhone唯一の機種となっています。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top