iPhone買取価格

iPhone11Pro買取価格

iPhone11Pro買取価格

iPhone11Pro買取相場最新情報


記載のお買取価格は、中古の買取上限価格です。利用制限やSIMロック解除の有無によりお買取価格が異なる場合もございます。又、未使用品のお買取価格につきましては、オンライン査定をご利用頂くか、お電話にてご確認下さい。



iPhone11Pro 512GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:60,000円

au
買取価格
中古買取価格:60,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:60,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:60,000円

iPhone11Pro 256GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:60,000円

au
買取価格
中古買取価格:60,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:60,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:60,000円

iPhone11Pro 64GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:54,000円

au
買取価格
中古買取価格:54,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:54,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:54,000円

iPhone11Pro豆知識


iPhone11Proは日本時間の2019年9月10日にAppleの新製品発表イベントで発表、9月20日から販売されたモデルで、iPhone 11 Pro Maxと合わせてiPhoneの中で初めて「Pro」の名前を持った端末となります。

iPhone11 Proは位置付け的にはiPhoneXSの進化版。
前モデルからの差分としてはなんと言ってもカメラで、iPhoneで初めてトリプルカメラを搭載。このトリプルカメラはまだスマホ業界でも真新しく、見た目のインパクトも加わり大きな話題となりました。

iPhone11 Proスペック情報


外観的な要素



  • 画面サイズ:2,436 × 1,125の5.8インチ

  • 端末サイズ:高さ144.0mm, 幅71.4mm, 厚さ8.1mm

  • 重さ:188g

  • コネクタ:8ピン

  • カラー:ミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールド


外観的な要素としては、前モデルのiPhoneXSと比較し考えると、
縦に0.4m、横に0.5m、厚みが0.4mm大きくなっていますが、見て判るレベルではなくほぼ同じ大きさと言えます。正面から見れば違いはないと言えますが、背面には最大の特徴となるトリプルカメラが搭載されているため、ケース類の流用ができいないことには注意してください。

同時発表の11 Pro、11 Pro Maxと比較した場合は、

  • 「ノッチ(カメラやセンサーが搭載されている画面上部の凸部)」は、3モデルとも共通して前モデルから継続

  • 画面サイズは自体は3モデルの中で最も小さい
    (11Pro < 11 < 11ProMax )
    しかしながら11以上の解像度を持ち、11がIPS液晶であることに対し、有機ELを採用、さらにその有機ELも前モデルのXSと比較し進化しており、コントラスト比が2倍、最大の明るさは30%増、エネルギー効率も上がり省電力にも繋がっています

  • 重さも11 Pro < 11 <11 Pro Maxの順番で、最も軽いモデル

  • 本体素材は、11がガラス+アルミニウムであることに比べ、ガラス+ステンレススチールを採用、ステンレスは医療機器と同じグレードの高品質なものを仕様し、高級感のある仕上がり


この辺りが主な差分となります。
また11 Proにも以前のような物理ホームボタンはなく、端末のロックはFace IDで外す形です。

システム的な要素



  • CPU:A13チップ

  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac/ax

  • 通信方式:ギガビット級LTE,FDD-LTE, TD-LTE, TD-SCDMA,CDMA EV-DO Rev.A, UMTS, HSPA+, DC-HSDPA, GSM

  • テザリング:対応

  • 指紋認証:非対応

  • Face ID :対応

  • Touch3D:Haptic Touch

  • NFC:対応

  • 背面カメラ:1200万画素(広角,超広角,望遠)

  • 前面カメラ:1200万画素

  • 防水・防塵:対応 (iPhone11以上)

  • 容量:64GB / 256G / 512GB

  • Qi:対応


カメラを除くと見た目はほぼXSと変わりませんが、ソフトウェア面ではほぼ全ての項目で進化しています。
売りのカメラはトリプルカメラに加えナイトモードと呼ばれる暗所に強い撮影機能、全面カメラも1200万画素に対応。Face IDの認証速度も向上しているようです。
CPUについてもA13チップを搭載。先代のA12と比較しCPU性能が20%向上、GPU性能が20%向上していることに加え消費電力も40%少なくなっているとのこと。
通信面でも新しい規格に対応しており、Wi-Fi6と呼ばれる802.11axへ対応、4G LTEもギガビットLTEと呼ばれている、明確な規格ではないものの、複数チャネルを束ね、受信時の速度をあげる仕組みが搭載されています。
細かいところでも、防水のレベルも前モデルの高級路線XSから更に進化しており、水深4メートルの環境に30分耐えられるようです。

Proの名に恥じず、全てにおいて最高スペックを積んでいる端末と言えます。

発表時に斬新だった機能


やはりトリプルカメラ。一部のandroidモデルでは既にトリプルカメラのモデルが発売されていましたが、iPhone 11 Proがトリプルカメラの火付け役になりました。ネットでは超広角と望遠も用いて、「いかに広く撮影できるか」を過去モデルで撮影した写真と比較しアップする人や、一眼レフで撮影した画像と並べ「どちらが一眼レフの写真かわかるか」を問いかける人など、その高機能に驚き、共有する人が多数出ました。

支持されているポイント


同時期に発売された3モデルの中で高級路線の端末はiPhone11 ProとiPhone 11 Pro Max、その中でもPro Maxは画面サイズや重量がかなり特殊な部類になりますので、2020年2月現在、最も高級路線のiPhoneの中で、オールマイティに活躍するのがこのiPhone 11 Pro。特にSNSなどで写真にこだわる方にはおすすめの機種になります。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top