iPhone買取価格

iPhone11買取価格

iPhone11買取価格

iPhone11買取相場最新情報


記載のお買取価格は、中古の買取上限価格です。利用制限やSIMロック解除の有無によりお買取価格が異なる場合もございます。又、未使用品のお買取価格につきましては、オンライン査定をご利用頂くか、お電話にてご確認下さい。



iPhone11 256GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:43,000円

au
買取価格
中古買取価格:43,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:43,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:43,000円

iPhone11 128GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:42,000円

au
買取価格
中古買取価格:42,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:42,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:42,000円

iPhone11 64GB買取価格



ドコモ
買取価格
中古買取価格:40,000円

au
買取価格
中古買取価格:40,000円

SoftBank
買取価格
中古買取価格:40,000円

SIMフリー
買取価格
中古買取価格:40,000円

iPhone11豆知識


iPhone11は日本時間の2019年9月10日にAppleの新製品発表イベントで発表、9月20日から販売されたモデルで、同じイベントの中で同時発表されたiPhone11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと比較すると、もっともベーシックで安価なモデルになります。

iPhone11は位置付け的にはiPhoneXRの進化版。
前モデルからの差分としてはなんと言ってもカメラで、デュアルカメラを搭載。前モデルは廉価版のXRはシングルカメラ、高価格路線であったXS, XS Maxがデュアルカメラでしたので、廉価版の位置付けとなるiPhone11でデュアルカメラが搭載されていることにはお得感があります。

iPhone11スペック情報


外観的な要素



  • 画面サイズ:1,792 × 828の6.1インチ

  • 端末サイズ:高さ150.9mm, 幅75.7mm, 厚さ8.3mm

  • 重さ:194g

  • コネクタ:8ピン

  • カラー:(PRODUCT)RED/イエロー/パープル/ブラック/グリーン/ホワイト


外観的な要素としては、前モデルのiPhoneXRと比較し考えると、
画面サイズ、重さ、サイズはスペック上まったく同じとなります。とは言え、カメラの位置や大きさが変わっていますのでケースの流用は不可と考えてください。
同時発表の11Pro、11ProMaxと比較した場合は、

  • 「ノッチ(カメラやセンサーが搭載されている画面上部の凸部)」は、3モデルとも共通して前モデルから継続

  • 画面サイズは11ProMaxより小さいものの11Proより大きい(11 Pro<11<11ProMax )
    廉価版がPro以上、というのは少し違和感がありますが、XRの後継としてその立場も維持しています。画面サイズは高価格の11Pro以上ですが、解像度は低く、その他2機種は有機ELを採用していますが、11はIPS液晶ディスプレイを採用

  • 重さも11 Pro < 11 <11 Pro Maxの順番で、11 Proより約6g程度重い仕様

  • 11は歴代iPhoneとしても新色となるパープル、グリーンを選択可能

  • 本体素材は、その他2機種はガラス+ステンレススチールですが、11はガラス+アルミニウム


この辺りが主な差分となります。

また11にも以前のような物理ホームボタンはなく、端末のロックはFace IDで外す形、前から見た印象はXRとほぼ同じと言えます。

システム的な要素



  • CPU:A13チップ

  • Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac/ax

  • 通信方式:ギガビット級LTE,FDD-LTE, TD-LTE, TD-SCDMA,CDMA EV-DO Rev.A, UMTS, HSPA+, DC-HSDPA, GSM

  • テザリング:対応

  • 指紋認証:非対応

  • Face ID :対応

  • Touch3D:Haptic Touch

  • NFC:対応

  • 背面カメラ:1200万画素(広角,超広角)

  • 前面カメラ:1200万画素

  • 防水・防塵:対応

  • 容量:64GB / 128G / 256GB

  • Qi:対応


ハードウェアのスペックがほぼXRと変わらない反面、ソフトウェア面では大幅に進化しています。
カメラはデュアルカメラに加えナイトモードと呼ばれる暗所に強い撮影機能、全面カメラも1200万画素に対応。
CPUについてもA13チップを搭載。先代のA12と比較しCPU性能が20%向上、GPU性能が20%向上していることに加え消費電力も40%少なくなっているとのこと。これは11 Pro, 11 Pro Maxと同じものを搭載しており、お得感があります。
通信面でも新しい規格に対応しており、Wi-Fi6と呼ばれる802.11axへ対応、4G LTEもギガビットLTEと呼ばれている、明確な規格ではないものの、複数チャネルを束ね、受信時の速度をあげる仕組みが搭載されています。
細かいですが、防水のレベルも前モデルの高級路線XSと同レベルまで引き上げられています。

XSやXS Maxなどの1年前の最高級端末以上のスペックを保有しており、Pro、Pro Maxと比較すると廉価版になりますが、同時期に発売されるスマホの平均以上の力を持っています。

発表時に斬新だった機能


そこまで斬新な機能はないiPhone11ですが、費用面では斬新さがありました。XRと比べて着実に進化しているにも関わらず発売日同士の価格で比較するとXR以下。XRが11の発売に伴い値下げされたため、さすがにXRより安く買えることはないですが、値上げ路線にあったAppleの製品としては、その高コスパには斬新さがありました。

支持されているポイント


同時期に発売されたモデルの中では廉価版とは言え、iPhone11はその他機種同様のナンバリングがされています。従来の廉価版はXSとXR、Xと8、5Sと5cといった形で明確にモデル名が分けられていたことを考えると、廉価版という印象がない点はライトユーザーには嬉しく、高コスパ端末として多くの支持を得ています。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top