iPhone買取ならアイフォンプラザへ

iPhone売るなら、高価買取のアイフォンプラザ

iPad買取価格

iPad Pro12.9インチ(第5世代)買取価格

iPad Pro12.9インチ(第5世代)買取価格

iPadPro12.9インチ第5世代買取相場-最新情報-

表示価格はお買取上限価格です。

iPadPro12.9インチ第5世代 2TB買取価格

docomo
新品未開封:145,000円
au
新品未開封:145,000円
SoftBank
新品未開封:145,000円
WiFi版
新品未開封:180,000円

iPadPro12.9インチ第5世代 1TB買取価格

docomo
新品未開封:136,000円
au
新品未開封:136,000円
SoftBank
新品未開封:136,000円
WiFi版
新品未開封:178,000円

iPadPro12.9インチ第5世代 512GB買取価格

docomo
新品未開封:125,000円
au
新品未開封:125,000円
SoftBank
新品未開封:125,000円
WiFi版
新品未開封:130,000円

iPadPro12.9インチ第5世代 256GB買取価格

docomo
新品未開封:113,000円
au
新品未開封:113,000円
SoftBank
新品未開封:113,000円
WiFi版
新品未開封:114,000円

iPadPro12.9インチ第5世代 128GB買取価格

docomo
新品未開封:104,000円
au
新品未開封:104,000円
SoftBank
新品未開封:104,000円
WiFi版
新品未開封:104,000円


iPadPro12.9インチ(第5世代)豆知識

iPad pro 12.9インチ(第5世代)は2021年4月21日、Appleのイベント上で発表、5月21日に発売が開始されました。 機能面では極めて高性能なミニLEDを利用したLiquid Retina XDRディスプレイに加え、先行してMacで話題となったM1チップを搭載、セルラーモデルにおける通信面ではiPadで初めて5G通信に対応したモデルとなります。

スペック情報(外観)

  • 画面サイズ:12.9インチ
  • 本体サイズ:高さ 280.6mm、幅214.9mm、厚さ6.4mm
  • 重さ:682g
  • カラー:シルバー、スペースグレイ
外観は前モデルのiPad Pro 12.9インチ(第4世代)と比較し、同一の縦横比、ただし厚さは0.5mm程度、本モデルの方が厚く、重さは40g程度重くなっています。 これは後述する、ディスプレイの大幅強化に伴うものとなります。 ですので正面から見ると同じに見えますが、ほとんどのケースは流用できませんので、乗り換えの際にはご注意ください。

スペック情報(システム面)

  • CPU:M1
  • Apple Pencel:第2世代対応
  • ストレージ:128G,256G,512G,1T,2T
  • 背面カメラ:広角1200万画素+超広角1000万画素
  • 前面カメラ:1200万画素、センターフレーム対応
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • LTE:ギガビット級LTE対応 + 5G
  • Bluetooth:5.0
  • コネクタ:Thunderbolt
  • オーディオジャック:非対応
  • Qi充電:非対応
  • Touch ID:非対応
  • Face ID:対応
大幅な進化を遂げ「プロ向け」の色がより強くなった印象があります。 Macに搭載され世界中で話題になった、Appleの独自開発CPUであるM1チップを搭載、処理速度は50%も前モデルから向上しているとのこと。 ディスプレイはこれも話題のミニLEDを利用したLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。画面の明るさ、やコントラストの表現が大幅に強化されています。 さらに、コネクタもType-CからThunderboltになり、PCや周辺機器に接続した際のデータ転送速度が大幅に向上、ストレージも初めて2Tのモデルが登場。 また、セルラーモデルではしっかり5Gに対応、正に2021年夏時点で、いま世の中に存在しうる限り最も高機能な端末といえます。 ソフト面の市場背景でも、AdobeのPhotoshopやPremiereなどクリエイター向けソフトのiPadアプリも登場から進化を続けている点も後押しし、大きなサイズの写真や動画の編集など、クリエイティブ用途での利用を強烈に意識しているモデルと言えます。 特にLiquid Retina XDRディスプレイは同時発売されたiPad Pro 11インチ(第3世代)には搭載されていない、本モデルのみの機能となる点はポイントです。

現在でも評価されている点

ミニLEDを利用したLiquid Retina XDRディスプレイは本モデルのみの機能。 その他機能も、最高峰のものを搭載しており、スペックとしても物足りなさを感じることはない端末となります。

どのような方におすすめか

iPadを見る、確認する、といった用途ではなく、絵を書いたり画像編集、動画編集を行うなど、クリエイティブなアウトプット作業をする方におすすめのモデルです。 このハイスペックが必要か否かの判断がポイントになるかと思います。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top