iPad買取価格

iPad mini4買取価格

iPadmini4買取相場-最新情報-

本日の買取相場
iPadminiシリーズでは最新モデルとなります。又、まだ発売から間もないモデルですが、買取相場は安定しています。iPadmini4は、現時点では新品・中古共にゴールドが最高値となっております。

iPad mini4 128GB買取価格

Wi-Fi+Cellular版

ゴールド

新品未使用:43,000円
中古買取価格:~28,000円

シルバー

新品未使用:43,000円
中古買取価格:~28,000円

スペースグレー

新品未使用:43,000円
中古買取価格:~28,000円

Wi-Fi版

ゴールド

新品未開封:41,000円
中古買取価格:~25,000円

シルバー

新品未開封:41,000円
中古買取価格:~25,000円

スペースグレー

新品未開封:41,000円
中古買取価格:~25,000円

iPad mini4 64GB買取価格

Wi-Fi+Cellular版

ゴールド

新品買取価格:35,000円
中古買取価格:~22,000円

シルバー

新品買取価格:35,000円
中古買取価格:~22,000円

スペースグレー

新品買取価格:35,000円
中古買取価格:~22,000円

Wi-Fi版

ゴールド

新品未開封:35,000円
中古買取価格:~20,000円

シルバー

新品未開封:35,000円
中古買取価格:~20,000円

スペースグレー

新品未開封:35,000円
中古買取価格:~20,000円

iPad mini4 16GB買取価格

Wi-Fi+Cellular版

ゴールド

新品未使用:24,000円
中古買取価格:~20,000円

シルバー

新品未使用:24,000円
中古買取価格:~20,000円

スペースグレー

新品未使用:24,000円
中古買取価格:~20,000円

Wi-Fi版

ゴールド

新品未開封:25,000円
中古買取価格:~18,000円

シルバー

新品未開封:25,000円
中古買取価格:~18,000円

スペースグレー

新品未開封:25,000円
中古買取価格:~18,000円

iPadmini4ご売却のお客様の声

iPadmini4を発売後すぐに購入したのですが、事情により使用しなくなりました。なので、アイフォンプラザさんで買取をしてもらいましたが、他店よりも数千円は高く査定してもらったので助かりました。今後ともよろしくお願いします。
神奈川県 30代 男性
大阪梅田店さんで買取をしてもらいました。以前に何度か利用させてもらった事があるのですが、今回も査定が早くて、満足出来る価格でしたので即決になりました。自宅の近くにあるお店なので、私としてはすごく便利で助かってます。
大阪府 40代 女性
まだ新しい機種なので、相場が高いうちに早く売ろうと思って持ち込みしました。事情により使わなくなったもので、ショップでの動作確認しかしていないものでした。実は他店に先に持って行ったのですが、それが中古としての買取になるという事で、売る事をやめたのですが、アイフォンプラザさんでは新品としてきちんと査定してくれました。今回初めて買取をしてもらったのですが、対応も良く、とても信頼出来るお店だと思いました。
東京都 20代 男性

iPad mini4豆知識

iPad mini4スペック情報

iPad mini4は2015年9月10日にAppleのイベントで紹介され、その10日後となる9月20日に日本では発売されました。Appleのイベントの中ではiPad proやiPhone6sの発表が中心でおまけ程度の紹介となってしまったiPad mini4ですが、順当な進化を遂げており現時点(9月27日)で新たにiPad mini を検討する方の一番の選択肢と言えます。
前世代の機種となるiPad mini3と進化した点を見ながらスペックを見ていきます。

外観的な要素

  • ディスプレイ:2,048×1,536の7.9インチ フルラミネーション対応
  • 端末サイズ:高さ203.2mm,幅134.8mm,厚さ6.1mm
  • 重さ   :298.8g
  • コネクタ :8ピン
注目すべきは厚さです。前世代となるmini3(7.5mm)と比べ1.4mmさらに薄くなっています。これまでiPad mini → mini2 → mini3と薄さは常に7.5mmとなかなか進化していなかった点がついに進化したと言えます。
もう一つの注目はディスプレイで、画面サイズや解像度は同様ながらフルラミネーションに対応しており、ディスプレイとカバーガラスの隙間が無くなっています。これで何が良いかというと、光の余分な反射が抑えられるだけでなく、画面が手前に来た感覚になりますので、直接画面に触れている感覚が強くなります。
重さも約30g軽くなっており外観的な要素は見えにくいところながら強く進化しています。

内面的な要素

  • CPU :A8チップ
  • Wi-Fi :802.11a/b/g/n/ac
  • 通信方式 :LTE / WiMAX2 / AXGP / W-CDMA / CDMA
  • テザリング:対応
  • 指紋認証 :対応
  • Touch3D :非対応
  • 背面カメラ:800万画素
  • 全面カメラ:120万画素
内面的な要素も確実な進化をしています。
プロセッサはA7からA8に進化、おなじみのApple公表値によるとCPU1.3倍、GPU1.6倍の速度差が出るとのこと。しかしながら速度以上に大事になるのが、A8チップ以降がiOS9とiPadの組み合わせメリットである”画面分割”に対応している。まだ対応アプリが少ない為恩系は少ないですが、今後これの有り無しで価値が変わってくるかもしれません。

また通信に関してもWimax2とAXGPに新たに対応したことにより、auとソフトバンクユーザーは使える電波帯が増えたことになります。

発売時に斬新だった機能

まったく新しい機能、というのは搭載されませんでしたが、miniで初めてiOS9の画面分割に対応した機種となります。

今でも支持されているポイント

利用したユーザーのレビューを見ると現時点では「軽さ」が評価されている模様。軽さは実際の重量だけでなく、端末の形状や素材感で変わってくるもの、このあたりの完成度はさすがと言えます。
後はこの機種が長く評価されるか否かは画面分割によるマルチタスクがどれほど広がるか、といった点になって来そうです。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top