iPad

iPhoneやiPadで無料のビデオ通話を行う方法4選

iPhoneやiPadで無料のビデオ通話を行う方法4選
今更ですが、皆様はiPhoneやiPadでビデオ通話は活用していますでしょうか。
友達や恋人と顔を合わせて話がしたい時、家族の顔を見たいときや子供の顔を見せたいとき、など利用したいシーンは沢山あります。
ビジネスでもちょっとした打ち合わせはビデオ会議で済ますことができるものも多いです。

そこで今回はiPhoneやiPadでできるビデオ通話の方法をメジャー所から4点まとめてみました。ご参考にしてください。

Face Timeを使う


facetime
iOSであれば標準で使えるこのFace Time。
メリットしてはApple標準のソフトですので別のアプリケーションをインストールすることなく簡単に利用できることです。
逆に不便な点としては、あくまでAppleのサービスになっていますので、Apple製品以外を利用している方とはビデオ通話ができない点にあります。iPhone,iPad,macとApple製品の間であればデバイスに関わらずに利用することができますので、ビデオ通話を行いたい相手と、ご自身の環境によって選択肢に入れて下さい。

Skype を使う


skype
昔であればこれ一択と言っていい程有名なSkype、今はMicrosoftの商品になっていますが、もちろん、iPhoneやiPadからも利用が可能です。
メールアドレスを登録しサインアップ・アプリケーションのダウロードは必要となりますが、一度登録すれば直感的に使うことが出来ます。
利便性が高い面としては、

  • OSやmacのApple製品に関わらずandroidやWindowsなど非常に様々なデバイスから利用することができる点

  • PCであれば自身の画面を相手にそのまま見せる画面共有が可能な点

  • 同じくPCからであればファイルの受け渡しもSkype上で出来てしまう点

  • 多人数(25人まで)でのビデオ会議が可能な点

から特にビジネスの場では優位なサービスと言えるでしょう。
割愛しますがまさにビジネス向けのSkype for businessなんてものもあったりします。

ハングアウトを使う


ハングアウト
こちらはGoogleが提供しているサービスで、Googleのアカウントを持っていれば、アプリのダウンロードで利用することが可能です。Gmailユーザーは多いので以外と利用開始までの障害は少ないかもしれません。
このハングアウトも、

  • iPhone,android,windows,macと様々なデバイスから利用可能

  • PCからであれば画面共有ができる

  • 多人数(10人まで)での会議が可能

とSkypeに劣らないビジネスで使える機能がそろっています。
またチャット機能も非常に優秀ですので、こちらもビジネスで使いやすいサービスと言えます。

LINEを使う


line
もはやお馴染みのLINE。ビデオ通話が利用できることはご存知かと思います。
このLINEであまり知られていないのが、mac版もwindows版もあることです。
それによって、LINEでもiOS,android,windows,macと端末に依存せずにビデオ通話を行うことができます。

画面共有や複数人での通話は出来ませんが、利用ユーザー数の多さを考えると一番気軽に利用できるサービスと言えます。

まとめ


いかがでしょうか。複雑な機能を利用せず1対1で気軽に使うのであればLINE、複数人で利用することがある場合や、ビジネスで利用するならSkypeかハングアウト。決まった相手とだけやり取りを行う場合でiOS同士であればFace Time、といった使い方がベターかな、と思いますが、これも環境次第かと思います。
一度、よく使う相手と最適なものを探してみてはいかがでしょうか。
使い出してしまうとその便利さの虜になると思いますよ!
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top