iPhone

Night Shiftでお金をかけずブルーライトをカット

Night Shiftでお金をかけずブルーライトをカット

ブルーライトという言葉、ここ数年で急に耳にするようになりましたね。皆さんはご存知でしょうか。 一般的に寝る前にこのブルーライトを目に当ててしまう体のリズムが狂い、寝つきが悪くなる、といったところは多くの方がご存知かとは思います。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライト研究会より抜粋

ブルーライトは目や身体に負担の大きな光となりますので、1時間のパソコン作業を行った際には15分程度の休憩を取ることが、厚生労働省のガイドラインにも定められています。

本来であれば寝る前はもちろんのこと、日中でも長時間iPhoneの画面を見てブルーライトを浴びることは推奨されていません。 とは言いつつも、やはりそうも言ってられない状況もありますね。

そこで今回はiPhoneのNight Shiftという機能を使いブルーライトを軽減する方法を紹介します。

Night Shiftモードについて

Night Shiftモードとは、iPhone5以降の機種(iPhone5cを除く)で、iOS 9以降にしている端末であれば、いつでも利用可能な機能で、画面から出るブルーライトをあまり出ないように制御してくれるものとなります。

手動でNight Shiftモードにする方法

まずは手動で設定する方法を紹介します。

  1. 設定アプリから”画面表示と明るさ”をタップ iPhone ブルーライト
  2. Night Shiftを選択 Night Shift
  3. 主導で明日まで有効にする 主導で明日まで有効にする

これでブルーライトをカットする設定になります。

時間をあらかじめ指定して自動でNight Shiftモードにする

例えばXX時以降は、など時間指定で自動設定にすることも可能です。

  1. その場合は、時間設定をオンにし、 Night Shift 時間設定
  2. 指定したい時間を入力します。 Night Shift 時間指定

常にNight Shiftモードにしておきたい場合

例えばずっとこのモードにしておきたい場合は、先ほど紹介しました時間指定機能を使い、0:01開始、0:00終了のようにすればほぼ1日中Night Shiftモードで使うことができます。

こまめにON / OFFを切り替えたい場合

細かく設定を切り替えたいような方は、コントロールセンターからの設定も可能ですので試してみて下さい。

コントロールセンターからアイコンのタップで

コントロールセンター ブルーライト

都度素早く設定を行うことができます。

最後に

いかがでしょうか。 液晶にシートを貼りブルーライトを低減する商品や、メガネのレンズでブルーライトをカットする商品など、沢山の商品が出ていますが、iPhoneの機能で気軽に利用出来るとやはり便利です。ぜひ試してみて下さい!

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top