iPhone

iPhoneを売る前にicloudからサインアウトしよう!一連の流れもご紹介!

iPhoneを買い替える際、少しでもかかる費用を抑えるために使っていたiPhoneを売ろうと考える方は少なからずいるでしょう。
いいアイデアですが、iPhoneを売却するとき、バックアップをとってデータを消去するだけでは準備は不十分です。
少しでも高い値段で買い取ってもらうためのもうワンステップをご紹介します。

iPhoneを売る前の見落としがちな準備

□iPhoneを売る前の見落としがちな準備

iPhoneを売る前には、自分の個人情報がiPhoneの次の持ち主に伝わらないように、データを消去します。
しかしそれだけでは、場合によっては復元されてしまうのです。

理由は、iCloudからサインアウトしていないからです。

iPhoneのバックアップに使われるiCloudですが、バックアップしたまま放置していると、次の持ち主に今まで登録・所持していた情報がすべて見られてしまいます。
バックアップをとったあとは初期化の前に、忘れずにiCloudからサインアウトしましょう。

□iCloudからのサインアウトの手順を解説

iCloudのサインアウトがいかに大切かはご理解いただけたでしょうか。
手順はとても簡単ですので、iPhoneを売る準備をしている方は下記の手順を見てぜひ一緒にやってみましょう。

最初に必ず、自分のiCloud IDとiCloudのパスワードを控えておきましょう。
新しいiPhoneに引き継ぐ際に必要です。
それでは手順を見ていきます。

①アプリ「設定」を開く。
②一番上のユーザー名とアイコンのある項目を選択。
③一番下にある「サインアウト」をタップ。
④Apple IDとパスワードを入力し、「オフにする」を選択。

先ほどのユーザー名の項目から自分のApple IDが表示されなくなっていればサインアウトできています。

「制限されているためサインアウトすることはできません。」という表示が出て、サインアウトができない場合は、スクリーンタイムがオンになっている可能性があります。
その場合は、

①「設定」の中にある「スクリーンタイム」の項目を選択。
②一番下までスワイプして「スクリーンタイムをオフにする」を選択。
③スクリーンタイムのパスワードを入力。
④スクリーンタイムがオフになったのを確認して、再起動する。
⑤先ほどの手順でiCloudをサインアウトする。

以上でiCloudからのサインアウトが完了しました。

iCloudからのサインアウトの手順を解説

□まとめ

今回は、iPhoneを売る前に必要な、iCloudのサインアウトについて解説しました。
ご自分の個人情報を守るため、そして安全にiPhoneを売るために、この手順は必ず実行してください。
当社はiPhoneの買取を専門としています。
ご不明な点、不安な点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top