iPhone

iphoneの容量不足によりitunesで上手く復元できない時はどうする?

iphoneのバックアップの方法はたくさんありますが、その1つにitunesを使う方法があります。
いざ、その方法で復元しようとした時に「iphoneが容量不足」と警告が出てきたら、大切なデータを損失してしまうのではと不安になりますよね。
そこで今回は、iphoneの容量不足によりitunesで上手く復元できない時はどうしたら良いかを解説します。

「iphoneが容量不足」と警告が出ているのに十分な容量がある場合はどうすれば良い?

□「iphoneが容量不足」と警告が出ているのに十分な容量がある場合はどうすれば良い?

itunesでiphoneのデータを復元できない時、「iphoneの容量が不足している」と警告が出る場合があります。
その時、どのように対処するとitunesで復元できるかをご紹介します。

まずは、iphoneの容量が本当に不足しているのか、どのくらい不足しているのかを確認しましょう。
確認するためには、iphoneの「設定」から「一般」を選択し、「iphoneストレージ」を開きます。
もし、警告に反して容量が不足していなければ、一度PCとiphoneの接続を解除してから、iphoneとPCを再起動してみてください。
その後に、itunesを再実行してみましょう。

また、itunesでiphoneの復元ができない場合、itunesとiOSの状態が最新になっていないかもしれません。
itunesの状態は、itunesを起動し、「アップデートを確認」を押すことで確認できます。
iOSの状態は、「設定」の「一般」から、「ソフトウェア・アップデート」を押すことで確認できます。

それでも上手く復元できない場合は、PCにインストールされたセキュリティソフトが関係しているかもしれません。
iphoneの復元時は、PCのセキュリティソフトの設定をチェックしてみましょう。

□「iphoneが容量不足」のためitunesを復元できない場合はどうすれば良い?

警告通り、iphoneが容量不足の場合、容量を増やす必要があります。
そのためには、使わないアプリや重複した写真を削除してみましょう。

スプレッドシートのように大きく容量を消費するものは、いくつか削除するだけでも容量不足が解消する可能性があります。
また、重複した写真を見つけて削除するのは手間がかかるため、専用のソフトを使うと良いかもしれません。
この時、うっかりと必要なデータまで削除してしまわないように最大限の注意を払いましょう。

「iphoneが容量不足」のためitunesを復元できない場合はどうすれば良い?

□まとめ

この記事では、iphoneの容量不足によりitunesで上手く復元できない時はどうしたら良いかを解説しました。
まず、本当にiphoneの容量が不足しているのか確認しましょう。
不足している場合は、使わないアプリや重複した写真を削除します。
不足していない場合は、iphoneとPCを再起動したり、itunesとiOSの状態を確認したりしてみましょう。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top