iPhone

iPhoneのバッテリーが膨らむ?考えられる原因と修理について解説します

iPhoneのバッテリーの膨張でお悩みの方は多いでしょう。
バッテリーが膨張してからでは遅いため、事前に原因と予防方法を知ることでバッテリーの寿命を伸ばせます。
そこで、今回はiPhoneのバッテリーが膨張する原因と予防方法を解説します。

iPhoneのバッテリーが膨らむ原因を解説!

□iPhoneのバッテリーが膨らむ原因を解説!

バッテリーが膨らむ原因は、バッテリーが劣化した際に溜まったガスが原因です。
iPhoneのバッテリーにはリチウムイオン電池を使用しています。
バッテリーの劣化によるガスの発生やバッテリーの膨張はリチウムイオンバッテリーの特徴です。

□バッテリーが膨張しやすい方の特徴と予防方法を解説!

バッテリーが膨張しやすい方の特徴は以下の5つです。

・iPhoneを充電したまま使う方
・高温になりやすいところにiPhoneを放置する方
・iPhoneでゲームを長時間遊ぶ方
・iPhoneを水場の近くで使う方
・長期間ずっと同じiPhoneを使い続けている方

自身がこの特徴に当てはまっているかを考え、当てはまっている場合は改善することをおすすめします。

バッテリーの膨張を直す方法はバッテリー交換しかありません。
近年では、自身でバッテリー交換を行えるキットも発売しています。
しかし、膨張したバッテリーは破裂の恐れがあるため、非常に危険です。
そのため、修理店でバッテリー交換することをおすすめします。

あらかじめバッテリーが膨張しないように予防しておくことで、バッテリーの寿命を伸ばすことが大切です。

iPhoneが熱くなった場合、電源を切って冷ますことで予防できます。
しかし、保冷剤や水などで急速に冷やすことで結露が発生し、水没と同じ状態になるため、注意しましょう。

また、iPhoneケースの通気性に気をつけることも効果的です。
iPhoneは背面から放熱します。
そのため、ケースがついていると放熱効率が低下し、熱がこもりやすくなります。
現在使用しているケースが熱くなりやすい場合は、通気性の良いケースに変えてみてはいかがでしょうか。

さらに、使っていない設定はオフにすることも予防につながります。
Wi-FiやBluetooth、位置情報は非常に便利な機能ですが、利用していない時もオンにしていると、バッテリーの負荷を高める要因になります。
これらの設定を利用しない時はオフにすることを心がけましょう。

バッテリーが膨張しやすい方の特徴と予防方法を解説!

□まとめ

今回は、iPhoneのバッテリーが膨張する原因と予防方法を解説しました。
予防方法を知っておくことで、毎日使うiPhone の寿命を伸ばすことにつながります。
ぜひ本稿を参考にしてバッテリーの膨張を予防してみてくださいね。

URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top