iPad

簡単!iPadで視聴できない動画を無料でiPad用に変換する方法

簡単!iPadで視聴できない動画を無料でiPad用に変換する方法
皆さんはiPadで動画をご覧になることはありますか?
ベットで横になりながら、持ち運んで友達と、新幹線でイヤホンを使って・・など実は試してみるととても便利でやみつきになります。
iPhone+イヤホンを使い通勤中に動画を見ている人も良く見かけますね。
しかしPCでは再生出来るけどiPadだと動画再生できない!ということも多いかと思います。実はiPadが標準で対応している動画形式は多くなく、一般的に使われているものだと”mp4”や”mov”くらいのものとなっています。
そこで今回は動画ファイルをiPadの対応形式へ変換する方法を記載します。
過去に動画変換を試した事がないという方は、少し難しそうに感じたりするかもしれませんが、このブログの通りに実行して頂ければ、誰でも簡単に出来るので、是非試してみて下さい。

動画をiPad視聴用に変換する為のPC側の準備


まずは動画変換のソフトウェアをPCにダウンロードします。
「無料」「WindowsとMac両対応」「少ない手順で出来る」という条件が揃っているHand Brakeを使うこととします。
まずはダウンロード、インストールをします。
公式ダウンロードサイト:
https://handbrake.fr/downloads.php
オープンソースということもあり、日本語版も作成されているようです。
http://osdn.jp/projects/handbrake-jp/

ここからの手順、写真は公式サイトのMac版で検証・撮影しています。

まずはアプリケーションを立ち上げ、Sourceボタンから変換対象のファイルを選択します。
iPad 動画変換
次にToggle Presetsボタンを押し、出てくるリストからiPadを選択します。
無料 動画変換
Startボタンを押すと、動画変換が開始されます。
iPad無料動画変換
一度インストールさえ済んでいれば、非常に少ない手順で動画の変換が完了します。

iPadへデータを転送


これは様々な手順が存在しますが、オーソドックスにiTunesを活用した転送方法を紹介します。
まずはiTunesに変換した動画をドラッグで渡します。
動画転送
その後iPadとPCをUSBケーブルで繋いで、
ムービー項目からムービーを同期を選択すれば完了です。
iTunes
特に動画は容量が大きいので、基本的にはPCに基のファイルを置いておき、外で見たいタイミングで見たい動画を同期することをお勧めします。

まとめ


この方法はiPad側に通信機能がなくても利用出来ますので、買ったものの活用していないWi-Fi版がある方、昔使っていたiPadが押入れに眠っている方、欲しいけど何の用途で使えば良いか悩んでいる方など、持ち運びに便利な動画のビューワーとして使ってみてはいかがでしょうか。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top