iPhone

3分で分かる!iPhone7・7Plusの新機能まとめ

3分で分かる!iPhone7・7Plusの新機能まとめ
2016年9月16日発売のiPhone7・7Plus。
iPhone6sと比較して一体どれだけ進化しているのか。iPhoneユーザーにとってはここが一番気になるところですよね。
アップルが確固たる自信を持ってリリースしたというiPhone7・7Plusの新機能をまとめてみました。

iPhone7&7Plus新機能まとめ


日本限定でFeliCaを搭載


個人的に大きな変更点であると思うのがこのFeliCaが搭載されるという点。
いわゆる“おサイフケータイ”は、使わない人にとってはあっても無くてもどちらでも良い機能かも知れませんが、使う人にとっては毎日使うくらい無くてはならないもの。嬉しい新機能と言えるでしょう。
ちなみに正確にはiPhoneでは“おサイフケータイ”とは言わず“Apple Pay”として利用します。当初は「Suica」「QUICPay」「iD」が対応となっていて、「楽天Edy」や「nanacoモバイル」などは非対応です。
これらは2016年10月下旬からサービスが開始されます。「楽天Edy」や「nanacoモバイル」が対応となるのかは現在のところ未定ですが、今後対応となる可能性は十分にあるでしょう。

iPhone史上最長のバッテリー駆動時間


iPhoneユーザーにとってもっとも気になることの1つがバッテリーの問題。かさばるし重たくなるのでモバイルバッテリーは出来るだけ持ち歩きたくないものです。
バッテリー駆動時間
iPhone7はiPhone6sよりも最大で2時間、iPhone7PlusはiPhone6sPlusよりも最大で1時間バッテリーの駆動時間が長くなっているとの話も。もしそうだとするとiPhoneユーザーにとってはかなりの朗報ですよね。
アップルの公式発表によると、iPhone7/7PlusのバッテリーはiPhone史上最長ということですから大いに期待が持てそうですよ。

安心の防水防塵仕様


日本製のAndroid端末では当たり前のように搭載されるようになった防水防塵仕様。ついにiPhoneでも搭載されるようになりました。
ただしここで注意しなければいけないのが“完全防水”ではないということ。
iPhone7の防水は「水深1mの水に30分浸かっても水が侵入しない」という性能を持っています。つまり水深1m以上の深さにiPhoneが沈んだり30分を超えて水没した場合は耐えられないことがあるということです。
アップルは公式サイトで防水ではなく「耐水性能」と記載していますし、iPhoneが水に濡れて故障した場合は保証の対象外と発表されていますので注意が必要です。

賛否が分かれるイヤホン端子の廃止


イヤホン端子
iPhoneユーザーの中でも賛否が分かれたのがこのイヤホン端子の廃止。今までiPhoneにイヤホンを繋いで音楽などを聞いていた人にとってはあまり納得がいかない改変かも知れません。
これについては付属されているiPhoneとイヤホンを繋ぐアダプタ(充電ケーブルを差し込むライトニング端子を利用するもの)を使えば従来通りイヤホンが使えますし、ワイヤレス(Bluetooth)のイヤホンを使うことも出来ますからひとまず安心して良いでしょう。

ワイヤレス充電機能は非搭載


以前から待ち望まれているワイヤレス充電機能は残念ながらiPhone7/7Plusでも非搭載です。iPhone8以降に期待したいですね。

最後に


いかがでしたか。
iPhone7/7Plusの新機能をまとめてみました。購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

又、本日16日iPhone7&7Plusの発売日ですが、当店では本日より7&7Plusの買取をスタートしています。本日時点でこの新機種については中古というものはほとんど無いとおもいますが、新品残債ありでも問題なくお買取可能ですので、ご希望の場合は是非ご来店下さい。
因みに今まで使用していた古いモデルのiPhoneを売りたいという場合にも、是非当店にお任せ下さい。
URL
TBURL

コンタクトフォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top